哲学系美容師がおくる「美しい髪」を手に入れるためのWEBメディア

  1. その他
  2. 201 view

満足&似合いたいなら美容室に行く前の「セッティング」にこだわれ

こんにちは。哲学系美容師として活動している長藤慶太です(@Bangdoll_click

兵庫県尼崎市塚口駅エリアでBang-dollという、世界一丁寧だけど身もふたもない美容室やってます。

 

人間とは何をするにも何を話すにしても「場のセッティング」というのがむちゃくちゃ大事で、いくら内容が良くても場がセッティングされていなければまったく意味のない、もしくは価値が半減以下になる

「形式や見た目は内容より目立つ」と常々感じるのですが、モノの内容や価値よりも「形式」をセッティングしておく事のほうがなにより重要だとよく思います。

 

ジェットコースターに乗りながら隣の人に感動する話をしても伝わらないわけですよ。

ジェットコースターに乗っている時に「世界の中心で愛を叫ぶ」とか「レオン」とか「ショーシャンクの空に」とかの話をしたって全く耳に入ってこないでしょう

形式をセッティングするということはこういうことです。

 

要は「世界の中心で愛をさけぶ」で感動するにはセカチューを見る環境(映画館のチケット、静かな部屋とDVDなど)を用意する必要があって、準備と場をセッティングすることがまず最初にすべきことです

導入がいきなり意味分かんないかもしれませんが、これは美容室で満足するために非常に大事なことです

美容室に置き換えてみましょう。

 

僕が10年以上美容師をしていて非常に気になると言いますか「あ、この人、美容室で満足したことないだろうな」っていうタイプがあります

それが最初の話に繋がるのですが「セッティング」していない人です。

 

具体的に言うと「私自分に似合う髪型とかどうすればいいかとか全くわからないので任せます」といって「美容師にすべてを丸投げ」する人です

これはもうただのバクチだから(苦笑)

気にいるかどうか終わってから判断するわけですから、バクチの要素しかありません。

 

ここでよく言われるのが「プロなら何が似合うかわかるのではないか?」と言われますが、他人の感情を理解できるわけがありません

雑誌等で「丸顔にはこうすれば似合う」とかありますが、それはあくまでただの一般論であって「丸顔はこうすれば似合うという」ものがあなた自身に似合うかどうか判断するのはあなたの感情です。

 

例えばですが、「太ってる人はシャープにみえる黒い服がいい」とかありますね?まあ確かにそうかもしれません

しかし僕個人としては「太ってるのに黒い服来たら威圧感あって余計でかく見える」と感じます。

 

「太ってる人はシャープにみえる黒い服がいい」という一般論は、僕にとって何の役にも立たない現実がここにあります

真の一流、プロならこういった事をわかっています

だから一般論をあてにして仕事するなんて、とてもじゃないけどできません。

 

てゆうか人間の感情なんて複雑すぎて他人が理解できるはずがないのです

その人がどう思うか?なんて他人が判断するのが間違っているのです

コミュニケーションのプロは他人を勝手な解釈で理解するような事はしません。

 

「美容師にすべてを丸投げ」して満足したいなら、東京の一等地の高級サロンで雑誌にバンバン出てる一流の中の一流ベテラン美容師にやってもらうしかありません

なぜこれで満足できるのか?

東京の一等地の高級サロンのベテラン美容師が上手いからではありません。

 

東京の一等地の高級サロンで雑誌にバンバン出てるベテラン美容師にやってもらえた、という事実で「似合ってる」と判断するのです

上手いかどうかなんてたいして重要ではありません、これが中身より形式が重要ということです

「東京の一等地の高級サロンで雑誌にバンバン出てるベテラン美容師」というセッティングがあるから内容に満足できるのです。

 

これが田舎のダサいデブのオッサン美容師ならどうでしょうか?仕上がりの髪型が同じでも絶対に満足しませんよ

東京の美容師が「丸顔なのでこうしましょう」といえば「いやん!さすが東京だわ!」となりますが田舎のメタボ美容師が「丸顔なのでこうしましょう」と言ったら「馴れ馴れしいこと言ってんじゃないわよ!このクソデブが!」と思いますよ(笑)

 

人間なんてそんなものです、先程の例はどちらもおんなじこと言ってるけどまじでこんなもん

そこらへんの美容室で「美容師に丸投げ」して満足できるはずがありません。セッティングがないですからね。

 

満足や似合う、などには事前のセッティングが重要です

ほとんどの人間が東京の一等地のカリスマ美容師にカットしてもらわないのですから、ちゃんと事前に自分なりに髪型を考えておくべきです。

 

画像でもいいし、横の長さは顎より下がいいなあ、とか髪はくくりたいとかそんなレベルでいいんですよ

まったく希望がない人なんていませんからね、髪型に悩んだら消去法で考えればいいのです

横、後ろ、前髪はこのぐらいの長さはないと嫌だとか、ショートがいいから切るのは確定だなあとか。

 

これも立派なセッティングの1つです

こんなふうに大枠から細かい部分に入ってから詰めていくのが重要なのです

これが美容院に行く時に必要なセッティングですよ。

 

何かを受け止めるときは事前に準備が必要なのです

その準備を他人にやってもらいたい気持ちはわかりますが、それは生きてるといえるのでしょうか?

自分で判断するから満足が得られると思いますよ、たかが髪型でも。

 

あ、ちなみに僕は色んな美容師と働きましたが「おまかせします」で「お任せください!」といって仕事した場合、「もうすこし、こんなかんじで・・・」って言われてましたね

「やりたい髪型とか希望あるやん、おまかせやあらへんやん」とよく思いました。んでだいたい最後はグダグダになって変な頭になるんですよ

終わってるのに切り直したらそら変になりますよ、切り直す時間もないし。

 

おかませで満足してる人見たことありません

基本的に訓練を受けていない普通の人はツッコまずにいられない文句言いなので、お任せして満足する土台ができていないのです。

 

面倒臭いならスマホで画像検索すれば髪型なんぞいくらでも出てくるし、髪型見て決めれないなら「前髪はコレぐらいはないと嫌だ」とか「くくりたい」とかなんかあるでしょう

セッティングできないなんていいわけだから(笑)

 

努力せず何かを得れる人なんて奇跡が起きた人のみです

そんなもん待ち焦がれてるならさっさと自分で動いたほうが速いですよ。

 

いい結果を最速で得る方法は他人に依存するんではなく「自分の都合のいいように他人を利用する」事です

どうぞ僕を利用してください。金払うんだから使い倒さないと損ですよ

まあ質問しなければ僕は楽なんで助かりますけどね(苦笑)

 

質問とかいっぱいした方がいいです、なんか怖くて話しかけにくいらしいけど

知識や思考力はガッチガチに鍛えてるので聞けば聞くほど得することを保証します(マジで人生変わるレベルで。それぐらいの頭ある奴じゃないと金払う気しませんでしょ?)

 

ちなみに奇跡を待ち焦がれてる人に共通する事がありまして、一発逆転を狙ってるという事があります

詐欺とかよく見ればわかりますが、あーいうのはこの心理を利用するんですよ

前も書きましたが、一発逆転狙うからおもろい頭になるのです

つーか人生を棒に振るんですよ、一発逆転狙うと。

その他の最近記事

  1. 手っとり早く身につける「美髪の教養」

  2. 1月の定休日

  3. 上手い美容室なんか探しても無意味!丁寧な美容室を探せ!

  4. 12月の定休日

  5. うんこが食えるようになる調理法

関連記事

PAGE TOP