哲学系美容師がおくる「美しい髪」を手に入れるためのWEBメディア

  1. カット
  2. 156 view

カットが上手くても仕上がりは良くならない!その理由とは?

こんにちは。哲学系美容師として活動している長藤慶太です(@Bangdoll_click

兵庫県尼崎市塚口駅エリアでBang-dollという、世界一丁寧だけど身もふたもない美容室やってます。

 

カットというものは「髪を良くすることは出来ないけど、汚くすることはできる」というなんとも報われない技術です

もっとわかりやすく言うと「ヘタクソはどこまでもヘタクソに見せれるけど、上手く魅せるのには限界がある」そんな技術です。

 

「カットが上手い」ってあんまり意味ないんじゃね?ってのが僕の持論

「ヘタクソでなければよい」という感じです。

 

だっていくら上手くなっても、髪質より美しくすることはできないわけですから。

報われね~やる気失せる~。

 

・カットが上手くても意味ないという実例

ま、だいたいこの理屈は反対されるんですよね(苦笑)

そんなわけねーだろって。

こんな時は見てもらったほうが早いわけです。

 

P1020659_R

ボブが希望だったけどボブにならなかったという方

カットがズタズタなので暴れまくり「カットはヘタだと汚くなる」の典型例です。

 

髪質は硬い、多い、クセなし、頭の形も普通、毛穴の向きも普通

普通に切れば、ある程度見栄え良く見せれる髪質です。

 

P1020661_R

希望はボブですがとりあえずズタズタで長さたりないから、ショートにしてごまかしました

この2ヶ月後にまたカットし直します。

 

 

P1020702_R_R

P1020703_R_R

で2ヶ月後、切り直してボブに変更

髪質は同じですが(同じ人だから当たり前だが)暴れ具合が全く違いますね。

 

ここで勘違いするのが「上手いから暴れない」と思う人がほとんどだということです

しかしそれは違います。思いっきり間違い。

 

こんなもん普通に切ればこうなる(笑)こうならなければヘタクソなだけです

上手く切ってもこの程度が限界でしょう

髪型変わらない限りは誰が切ってもこの程度までですよ。(下手くそは別ですが)

 

カットなんて「一定基準を満たしていれば誰が切っても同じ」です

みなさん、カットにこだわりすぎです。カットなんか大したこと出来ませんから(苦笑)

 

悩みの解消なんて絶対に無理です

カットで悩み解消した場合は「カットが上手いから悩みが解消した」のではなく「長さが変わったから解消した」のです

それはカットが上手いのではありません、結果論です。

 

カットが上手いとはまったくなんの関係もありまへん

カットで膨らみをなんとかしたいとか、うねりを活かしたいとか無理ですからね

髪型変えれば話は変わりますが、髪型変えずにカットだけでそんなもん解決するはずもありません。

 

なぜなら物理法則を無視しているからです

コレができれば物理法則がひっくり返りますよ、アインシュタインも生き返るレベル

カットはあくまで「土台作り」です。過度な期待はしてはいけません

しかし、土台作りなので適当でいいわけはないです

カットの最近記事

  1. ボリュームがでない、軟毛、猫毛の典型的な失敗パターン10選

  2. 【イケてる度合100%増し】剛毛、くせ毛、チリチリはこだわりを捨ててショートにしろ!

  3. ショート、ボブで襟足が浮く、モコつく原因はこれ!ムダ毛を根こそぎ切り落としてシャープな襟足…

  4. 髪型が変!失敗した!人に教えてあげたいショッキングな事実

  5. 美容師に「トップがふんわりしたい」と言うとムッシュかまやつヘアーになります

関連記事

PAGE TOP