哲学系美容師がおくる「美しい髪」を手に入れるためのWEBメディア

  1. 施術例
  2. 141 view

「すくと髪の毛が広がる」はウソ。1流のカットとクソカットの分かれ道は「すく」にあり

こんにちは。哲学系美容師として活動している長藤慶太です(@Bangdoll_click

兵庫県尼崎市塚口駅エリアでBang-dollという、世界一丁寧だけど身もふたもない美容室やってます。

 

「すくとハネますよね?」「ハネるからすかないでほしいです」「まとまりよくするためにすいていないんです」

わざわざ電話で聞いてくる方もいます

「すいたらハネるっていわれたのですが・・・」

ハネるっていった美容師は俺ではないからしらんよ(笑)そいつに聞いてくれ!

 

前も書いたけど、質問するぐらいなら来てください。髪の毛見ないとなーんもわかんないです

まあこんな会話がしょっちゅう出るということはですね、一般の方は「すくとハネる」と思っているわけですよ

今日はココを紐といていきます。

 

まず結論から言いますが、ハネるのとすくのはまったく関係ないです

いやいや、すいたらハネたし!という声が聞こえそうですが、それはカットがヘタクソか、あなたの髪質がそのヘアスタイルに向いていないだけです。

 

そもそもなぜすくのか、みなさんは知ってますか?

ちょっと考えてみてください

・・

・・・

考えましたか?おそらくこうではないでしょうか?

量を減らすため

しかし、実はこれ大間違いなんですよ。本当は「いらない毛をとる」ためです。

 

「いらない毛」というのは、ハネる原因となる毛や膨らんで邪魔をする毛、スタイルを作る上でいらない毛などです

邪魔なわけですから、とらないとヘアスタイルになりません

スタイリングも当然できないですね。

 

と、いうことはすかないで=邪魔な毛を残してくださいということです

もっと分かりやすく言うと「途中でカット終わってください」っていってるのと同じです

そりゃー途中でカット終わったら変な頭になりますよ

僕が「スフィンクスヘアー」と呼んでいるヘアスタイルになるわけです。

 

P1020707_R

毛先がプッツリしており線が入っているようになっています

当然、スタイリングもしにくい状態。

 

すかなければ、重さでクセが出ないと考えがちですがそう簡単な問題ではありません

髪質に癖があるならすこうがすかまいが癖は出ます

もりもりの髪の毛で重く感じて広がっていないような気がしてるだけで、他人から見たら髪の毛の妖怪みたいになってますよ

モッチャリとしたヘアスタイルになってもはやヘアスタイルとはいえません。

 

P1020710_R

P1020709_R

前が長くて重く見えるのでフロント側をすこしカット

こうすると前から見た時に軽さが出ます

んで余計な部分を削り落とわけです。

 

量を減らしたのではなく、いらない毛をとるのですよ

広がるというのは元々持っている髪質です。それをカットでどうこうなんて出来ないんですよ。

 

カットでひどくすることは出来るが、抑えることは不可能です

だったらちゃんといらない毛を取ってしまったほうが、楽だし見た目も良いと個人的には思います

もちろん「触ったときに多いのが好き」そんな方は無理にすくことはありません。

 

ただ僕の美の基準からすると、髪型が変になりますがそれはご了承ください

結局最後は個人の好みではありますが、理論上はそうなります。

 

「それでも構わない。やってくれ」と言われればやりますが、後で文句は言わないでくださいね

意外とあるんでこーいうケース。

「だから言いましたよね?」ってフツーにいいますよ(笑)

施術例の最近記事

  1. 【イケてる度合100%増し】剛毛、くせ毛、チリチリはこだわりを捨ててショートにしろ!

  2. ショート、ボブで襟足が浮く、モコつく原因はこれ!ムダ毛を根こそぎ切り落としてシャープな襟足…

  3. 雑誌やモデルの髪型は見るな!ヘアカタログが参考にならない理由とは?

  4. 髪型が変!失敗した!人に教えてあげたいショッキングな事実

  5. 上手い美容室なんか探しても無意味!丁寧な美容室を探せ!

関連記事

PAGE TOP