哲学系美容師がおくる「美しい髪」を手に入れるためのWEBメディア

  1. カット
  2. 387 view

トップにボリュームのある髪型になる、たった1つの方法とは?

こんにちは。哲学系美容師として活動している長藤慶太です(@Bangdoll_click

兵庫県尼崎市塚口駅エリアでBang-dollという、世界一丁寧だけど身もふたもない美容室やってます。

 

よく言われる希望で「トップをふんわりさせたい」というものがあります

しょっちゅう言われるので「どこで切っても誰が切ってもふんわりしない」ということが考えられます。

 

この「トップがふんわり」は可能なのか?これ実は無理です

そもそも物理的に無理なのでどこで切ろうが、誰が切ろうがならないのです。

 

これが無理な理由は簡単なことで、地球には重力と風があり、人間は動くからです

短くすればいいのでは?という人もいますが毛根の向きに負けてつぶれますし、逆に長いと毛の重さで引っ張られてつぶれます

トップがふんわりっていう状態は漫画なわけです。

 

セットしたところで5分以内にぺたんこになってきますし、雑誌などに載っている「トップがふんわりした髪型」をよく見てほしいのですが、別にふんわりしてません

m_2014-8-28_f4972af6ff8e47817a94a68f2f4de523

mig

 

どっちもふんわりしてませんよね?トップってのはふんわりするはずがないのです

そもそも「ふんわりの定義」がないのにふんわりさせたいなんて無茶な話です。

 

いいですか?大事なのは定義です

みなさん定義を決めず◯◯な状態と言いますが、定義がないのにその状態になるわけないのですよ

「トップがふんわりした状態」を自分なりに定義しないと一生ふんわりしません。

 

僕個人の定義としては「バランスが良くなっている状態」です

間違ってもトップが物理的にふんわりした状態ではありません

つかありえないんでそんな状況(苦笑)

どんな頭やねん。

 

 

P1020518_R

希望はトップがふんわりした髪型

抽象的すぎ・・・だからいつまでたってもトップがふんわりして見えないのです。

 

P1020521_R

余計な部分を切り落としてバランスを上に持っていきました

全体のバランスが整うので上に高さが出て見えるはずです

(理論上は。後はその人がどう思うかという好みの領域なので僕の知ったことではない)

 

間違ってもトップをふんわりさせようとはしてません、バランスを整えただけです

つかトップがふんわりするカットなんかないんで(苦笑)

 

「◯◯な状態になりたい」

そんなときはまず自分にとってその状態はどういったものなのか?を定義しましょう

その状態が定義できなければ「なってるのか?なっていないのか?」の判断なんぞ出来る訳はありません。

 

いつも希望の髪型にならないんです。とよく聞きますが、それは定義というゴールがないからです

定義なき判断はただのギャンブルです。

 

そんなもん下手な鉄砲数撃ちゃ当たる理論使うしかありません

当たるまで100発撃つしかないから、時間がかかるしただのギャンブルなわけです

ギャンブルは8割負けるからギャンブルなわけで、気に入らないのは当たり前です。

 

何事も最短距離を走りたいならゴール(定義)を決める必要があります

例えば「頭がいい人間になりたい」としましょう

頭がいいとはどういった状態なのか?それを決めないと着地点が見えません

着地点がなければ一生満足できません。

 

定義がない場合はこうなります

とりあえず勉強する>とりあえず一流企業に入ってみる>特に達成感はないので満足もクソもない

 

定義があればこうなります

頭がいいとは世界的な発見をする人間と定義する>勉強していい大学へ行く>アメリカの研究室へいく>実験、検証を繰り返し世界的な発見をする>その結果自分が満足するかどうか判断する>満足なら頭がいい人間になったといえる、しないならまた定義を修正し実行

トップがふんわりもコレと同じです。

 

ゴールがなければ良し悪しの判断もできません、定義とは判断に欠かせないのです

トップがふんわりした状態を具体的に自分のなかで定義しましょう。

 

「トップがふんわり」という文章だけでは具体的ではありません

写真とかでビジュアルで具体的にするのを勧めます。

 

んで、コレやると驚きの結果が出ます

自分が言ってることと具体例が全く違う事が良くあります。

 

トップじゃなくて横がふんわりだったとか、ロングじゃなくてショートカットだったとか意外な定義がでてきます

あと定義を人に定義してもらう人がほとんどですがそれもダメです

定義は自分で苦しんで決めてください。

 

このカレーライスは美味しいんですか?と他人に聞くようなものです

そんなこと聞かれても「自分で食って判断してくれよ・・・」と相手を呆れさせるだけです

カレーライスがおいしいかなんて他人に決めれるはずがありません

自分で決めるのです。

 

前から思ってたんですが、人間って「自由がいい」といいつつも「定義は他人に決めてもらいたがる」のは不思議でなりません

この2つが両立するなんてありえないのですが・・・・

「私は一切責任は持ちたくないし、頭も使いたくないが私が気に入る定義と選択をあなたが選び続けてください」

っていってるのと同じなわけで。何様なんだという話ですよ(笑)

 

ちなみにこれは「独裁者を望む民衆の心理」と同じです

独裁で上手くいった事は歴史上非常に少ないですね。

 

髪の毛も同じです、他人に定義してもらうと確実に変な方向にいきます

僕は依存とか独裁を望む心理が理解できないのでそういったものは一切拒否します

あなたの身も感情も依存を許し、独裁してくれる美容師が好きな方は他店がオススメです。

 

依存や独裁が個人的には幸せ(満足)になれるかは疑問です

ナチスも共産主義も失敗したのがいい例ではないでしょうか。

 

人生とは筋肉質で茨の道だと理解した人から、幸せや満足に近づいていくと思います

今日の記事は思想的、宗教的ですが美容室で満足するためのコツだと僕は思ってます。

 

歴史は本質で動くというのが僕の持論ですので、歴史をから学ぶ事は多いなあと思います

同時に人間の本質は動物と同じである。というのがありありと分かって絶望しかありませんが(苦笑)

 

ちなみに僕は無宗教ですが、超現実主義者です

現実主義者を世間ではドS、冷たいなどど表現するようですが1+1=2と言ってるだけなので心外ですよ(苦笑)

風評被害もいいとこです。

 

要はこのブログは何が書いてあるのかというと「頑張れ」としか書いてないということです

カットの最近記事

  1. 前髪を失敗した人に教えてあげたい!美容室に行った次の日に前髪が短くなる理由とは?

  2. ボリュームがでない、軟毛、猫毛の典型的な失敗パターン10選

  3. 【イケてる度合100%増し】剛毛、くせ毛、チリチリはこだわりを捨ててショートにしろ!

  4. ショート、ボブで襟足が浮く、モコつく原因はこれ!ムダ毛を根こそぎ切り落としてシャープな襟足…

  5. 髪型が変!失敗した!人に教えてあげたいショッキングな事実

関連記事

PAGE TOP