哲学系美容師がおくる「美しい髪」を手に入れるためのWEBメディア

  1. カット
  2. 797 view

丸顔さん必見!丸顔に似合う髪型と注意点とは?【脱ドラえもん】

こんにちは。哲学系美容師として活動している長藤慶太です(@Bangdoll_click

兵庫県尼崎市塚口駅エリアでBang-dollという、世界一丁寧だけど身もふたもない美容室やってます

予約が取りにくいため、LINE公式アカウントにてキャンセルが出た場合は通知しております

友だち追加

 

では丸顔、丸い輪郭の人に一般論的に似合うとされている理論とはどういったものか?

説明していきましょう。

丸い輪郭の人の悩みとは?

このタイプの人の悩みは、

・顔が大きくみえる
・太ってみえる
・膨らんでみえる(顔がというわけではなく全体のシルエット的に)
・アップやアレンジが似合いにくい
・ショートにしにくいと思い込んでいる

といったものが多いようです。

 

顔のパーツや体型の話まで入れ込んでしまうとカオスになるので、そこは省いてアラレちゃん方式で頭部のみの話になりますが、

このタイプの長所は可愛いらしく見えることです。短所はさっき書いた事と幼く見えることですね

顔のパーツ次第ではかわいさを強調するのであまりにも丸い場合を除き、悪くない輪郭だと個人的には思います。

丸い輪郭の人への対処法

上記の悩みに相性がいいヘアスタイルとなると一般論的には、

・縦長シルエット
・顔の輪郭は縦長にみえるように顔周り、もみあげの毛は残しておきたい
・顔周りがシャープになるようにデザインする
・ストレートヘア気味のスタイルがよい
・アイロンを使う場合は毛先に動きをつけ、顔周りはストレートがよい
・段の有無は髪型次第だが顔周りは段を入れておきたい(ただし高い位置から入れたりはっきりとは入れない)

となります。

 

この条件を満たす写真をもっていって、「丸顔気にしてます」と言えばいいんじゃないですかね?

当たる美容師が上手く、プラス髪質が良ければええ感じになるでしょう(笑)

 

写真で言うと、

photo4

ちょっと重い髪型なんですがこんな感じですね、重めであっても動きはほしいところです。

 

理想を言うならもうちょい段入ってすっきりしてるといいのですが、最近そんなヘアスタイルあんま見ないんですね

あったとしても髪質で凹んでるだけみたいなのばっかり

わかりやすく言うと、2000年初頭に流行った髪型が理論的には似合うと言われています。

 

前髪はあまり降ろさず、デコが見えてるぐらいか分ける感じが良いでしょう

 

SnapCrab_NoName_2015-12-15_0-23-11_No-00

ショートの場合はこんな感じ。写真だといいのなかったので絵ですが。

 

上に高さを出して、前髪は少し分けて、横に丸みを持ってくる感じです(これはカットではなく髪質が重要)

襟足もすっきりすぎると輪郭出てくるので少し足っぽいものあったほうがいいですね。

 

長さ関係なく、シャープで丸みがあり動きもある感じといえばわかりやすいですかね?

じゃあ動きのない髪型したい場合は、どうすんだよって感じですよね(苦笑)

そう、だからこういった理論やテンプレート思考は使えないのです。

 

そのへんは結局のところ、全身と髪質を見ながら決めるので「丸顔だから○○が似合う」とか意味ないんですよ

机上の空論なのです。

 

丸顔への対処法も髪質的に無理なことはしょっちゅうです

顔周りはシャープにしたいけどクセでならないとかザラ。

その場合はテンプレートから飛び抜けた思考が必要なわけですね

僕が理屈やテンプレート思考はダメだという意味が理解してもらえたでしょうか?

 

ま、そのへんは置いといて続けましょう

でもこれ言っておかないとホントにみなさん「こうすれば無敵なんだ!」と思っちゃうので。

あくまで1つのパターンであり、理屈上の話しですからね、お忘れなきように。

注意点

このタイプの対処法は上記なのですが、注意点があります

実を言うと、この輪郭タイプへの対処はすこしカットが難しくなる傾向にあります

細かいニュアンスといいましょうか、そういったカットになってくるのでちょっと間違うと軽すぎか重すぎかになります。

 

特に近年は重めヘアが主流ですが重めなのに、どこかが軽いという理論的にはありえないふざけたカットになるので、カットもそれなりにバランスの取り方が重要になってきます

美容師用語でいうとインターナル、エクスターナル(髪の毛の断面図みたいなもの)と呼ばれるモノがやや複雑(特に顔に近づくにつれて)になるのです。

 

レイヤー(広い段)とグラデーション(狭い段)の移り変わりが激しくなりやすいので、パネルコントロール(髪の毛の切る位置の調整)が重要になるわけですね

顔周りだけ気をつければいいってものではありません。

 

さらに希望するヘアスタイルと髪質と頭蓋骨とちゃんとセットできるかどうか?などの要素が入ってくるので、そりゃもうカオスですよ

書いてて嫌になってきた(笑)

 

しかしこれはお客さんが注意するものではなく美容師次第な部分でもあります

店選びは慎重に。

そして「あ、これは無理だよあなたの髪質じゃ。」と言われたら素直に諦めましょう。

スタイリングのポイント

基本的にゆるいカールや動きのあるスタイルになります、しかし顔周りはシャープに。

頭が大きく見えないよう、コンパクトになるようにセットしましょう。

 

コテを使うスタイリングはちょっと難しいかもしれません(巻きすぎダメ)

使ったとしても毛先とトップに数束の毛先ぐらいにしておきましょう。

 

ワックスで束感もほしいところ

ロングの方がスタイリングは楽な人が多いと思います。短い場合はワックスやスプレーです

スタイリング剤は嫌いとかナメた事は言っちゃいけません。

ヘアスタイルのもち

このへんは完全に髪質に依存するのですが、それ言うとそもそも今回の記事自体書けなくなるので、とりあえずその部分は置いときましょう

ロング、ショートでも変わってきますが、基本的にはわりとマメに切る必要があります

微妙なバランスで成り立つヘアスタイルなので、伸びて毛先の位置がずれてきたら見え方が変わってしまいます

あまりほったらかしにしていいヘアスタイルではありません。

まとめ

まとめましょう

・悩み
顔がでかく見える

顔が出るヘアスタイルに抵抗を感じやすい

 

・対処法
顔を小さく見せるヘアスタイルにする

バランスのとりかたは絶妙さがいる

顔周りにはある程度の軽さがほしい(一般論なので例外も多数)

前髪は隙間がほしい

 

・注意点
一般的にはわりと難しいヘアスタイルのようである(よく失敗例を直すので間違いではないはず)

髪質の問題で対処法が使えないことが多い(まあ一般論の対処法ですが)

 

・スタイリング
髪質次第だがめんどくさいかも、ニュアンスありきなのであいまいで結果論的になりがち

顔周りが跳ねやすくなりがち

マメに切らないといけないかも

 

こんな感じですね。まあ詳しいことは知識があれば担当する美容師が考えてくれるでしょう(笑)

参考程度にしてください。

 

くれぐれもこれが全てと思わないでくださいよ

黒人はみんな足速いみたいな事言うてるだけですからね

速ないのもおるよって話です

カットの最近記事

  1. まだ「重めヘア」のこと勘違いしてんの?【カットのよくある失敗】

  2. 【直毛、硬い毛、量が多い】ウケるボブの失敗修正例

  3. 髪の広がりに悩んでるなら短くしてワックスてんこ盛りにしろ!

  4. 前髪を失敗した人に教えてあげたい!美容室に行った次の日に前髪が短くなる理由とは?

  5. ボリュームがでない、軟毛、猫毛の典型的な失敗パターン10選

関連記事

PAGE TOP