哲学系美容師がおくる「美しい髪」を手に入れるためのWEBメディア

  1. カラー
  2. 75 view

ヘアカラーは痛む?その常識、まちがってます

こんにちは。哲学系美容師として活動している長藤慶太です(@Bangdoll_click

兵庫県尼崎市塚口駅エリアでBang-dollという、世界一丁寧だけど身もふたもない美容室やってます。

 

「普通のカラーってやっぱり痛みますよね?実際に私の髪いたんでるし・・・」

と、よく聞かれるのですがこれは間違いです。

 

今の日本ではカラーされていない方って少ないですよね

パーマ、矯正はしてないけどカラーはしてるという方が多いわけです。

 

カラーしかしてないのに、髪が痛んでる=カラーは痛む。と思われるのはまあ当然の流れかなと思います。

 

普通のカラーは痛むのか?と疑問に対して、僕の答えをいうとYESです

やはり薬なので痛みますよ。

 

しかし、日常生活でストレスになるぐらいもしくは一般の人がわかるぐらい痛むか?といえばNOです

カラーで髪の毛が痛むというのは実験室レベルの話で、日常生活レベルでわかるレベルではありません。

 

排気ガスすったら肺がんになりますが、実生活でそれ実感します?しませんよね?

むしろ「私、排気ガス吸ったら肺がんになるから、車のちかくにはよらないようにしてるの」って言われるとぶっちゃけ僕は若干引きます(笑)

だってこんな人いたらめんどくさそうなんだもん。

 

アホな事をしない限りカラーでは傷まない

普通にカラーしていればダメージを感じることはありません

カラーで痛んでいる方に多いのはこんな場合です↓

頻繁に暗くしたり明るくしたりする
頻繁に色味を大きく変える
異常な明るさを求める
カラーの頻度があまりにも多い(月2とか)
アホみたいな美容師にあたった
ブリーチしてる
ハイライト&ローライトとか無駄なことしてる

こーいうことしなければカラーで痛むことはありません。

 

上記に当てはまらないけどカラーで傷んだ気がするなら、ただの勘違いか思い込みです

そもそもダメージって目に見えませんよ。

 

施術例

 

P1020294_R

毛が柔らかく、ロングなのでダメージがあると勘違いしやすい髪質

この手の髪質は色が抜けると黄色くなりやすいですね

傷んでるから黄色くなるのでなく、髪質です

 

P1020295_R

この手の髪質は暗めのカラーのほうがいいです

暗くても髪の毛が透けて見えるので、明るく見えるしすぐ黄色くなるので。

 

色の持ちに関しては髪質関係なくまあ2週間持てばいいほうでしょう

そんなもんですよ(苦笑)

 

カラーで傷んだと勘違いして、変な事しだす人もおおいので気をつけましょう。

 

カラーの最近記事

  1. カラーした日は絶対に洗え!シャンプーと色持ちは一切関係ない理由とは?

  2. 「髪色が会社の決まりで7トーンまで」は無意味がない!?その理由とは

  3. ヘアカラーは痛む?その常識、まちがってます

  4. カラーに安全もオーガニックも存在しない理由とは?【ツチノコ探すのはやめろ】

  5. 似合う髪色を探す時のパーソナルカラー診断はこう使え!

関連記事

おすすめ記事

Facebook

PAGE TOP