哲学系美容師がおくる「美しい髪」を手に入れるためのWEBメディア

  1. パーマ
  2. 45 view

パーマはかからなくて当たり前!パーマをすると髪が汚くなる理由とは?

こんにちは。哲学系美容師として活動している長藤慶太です(@Bangdoll_click

兵庫県尼崎市塚口駅エリアでBang-dollという、世界一丁寧だけど身もふたもない美容室やってます。

 

うちの店はパーマをめったにやらないのですが、それはパーマは意味がないと思ってるからです

意味がないとはどういうことか?

「東洋人にパーマはもう今の時代、不必要だ」

ということです。まあ僕の考えですが。

 

なのでうちの店はパーマがメニューにありません

なくても困ってないし、やる人ってもういないんですよね。

 

パーマってぶっちゃけキレイに当たらないんですよね

多くの人が雑誌のようなパーマを希望しますが、あれやるなら髪質の条件がかなり厳しくなります

・クセがない
・髪が柔らかい
・パーマが綺麗に当たる髪質
・乾かしてもパーマがなくならない髪質
・自分でセットできる
・セットをする時間を惜しまない

こんな髪質の人いないから(笑)雑誌のは全部コテで巻いてます

そうじゃない場合は髪質が奇跡のような人です(そうじゃなきゃ雑誌とかブログに載せないです)

 

まあ昔は僕も店でやってましたけどね、ホントに無意味な技術だと思います

IMG_0412_R

P1010219

彼はくせ毛なのでパーマなんか当てなくてもこうなります(笑)

 

グリグリに当てるなど、僕の頭みたいに強めに当てるならパーマの意味もありますが、そうでない場合は意味を感じません

意味を感じないどころか「悩みが増える」と思います。

 

よくあるのが「癖があるからパーマでまとめる」というのを聞きますが癖があるのにパーマ当てたらもっとボンバりますよ

クセの上からクセを足すわけですから。

 

雑誌のような中途半端なカールをくせ毛に足しても、全くカールは出ないし、毛先に邪魔なクセがついて余計に形が汚くなるだけです

パーマの達人みたいな美容師+髪質が女神レベルでないとパーマの意味ってホントないと思います。

 

僕も昔パーマを極めようとしましたが、パーマの達人の技術を見て「あ、これ無理だわ」と思いました

(そのパーマの達人も「髪質が全て」と言っていました。当てる前に勝負は決まるそうです 笑)

 

僕は本を結構読むのですが、天才が書いた本とかあるんですがもう意味分かんないわけですよ

言語になってますが言語として認識できないレベルなわけです

「一生かけてもこの人には追いつけないな」というのが1行でハッキリわかるわけです。

 

僕にとってパーマというのはこういう領域のもので、更に本人の髪質に依存するとか言われたら、美しいパーマなんてこの世の奇跡としか思えないわけです

もはや僕が触れて良い世界、触れて意味のある世界なのか?と。

 

僕は別に超人や賢人になりたいわけではないのでやる意味ないなと思うわけです

なのでウチはパーマに一切、力を入れてません

だからメニューにしませんでした。

 

パーマが上手い美容室を探してる方はウチはやめといたほうが良いです

と、いうか「パーマが上手い美容師」ってツチノコレベルなので多分見つけるの相当苦労すると思います

そのつもりで探したほうが良いと思いますよ。もちろんあなたの髪質が女神前提の話で。

 

パーマが上手い人ってまじで変態ですから。僕からすれば、人の領域超えてます

狂気に身を委ねないとあんなんなれないんじゃないかと。

 

hu_ne004

こーいう感謝の正拳突き1万回を何年もするキチガイにしかムリ

(彼は最終的に拝むだけで相手を音速でボコってくれる千手観音を召喚できるようになりました)

images

狂っとる。

 

適当に行った美容室でたまたまこんなレベルの人おるとかありえません

僕が定義する美容師はカット、カラー、パーマ、ストレート、ブロー、セット、スタイリング、対人スキル、仮説構築術、時間管理術、物理学、化学、ファッションメイクなどやることがかなり多いです。

 

こんなに多数のスキルが求められる仕事はあまりないんじゃないでしょうか?

正直なところ、医者と同程度の鍛錬と知識は必要だと思ってます

そこまでやるって常識が浸透してないから修正でうちに来る人が絶えないわけですが、しかし現実は報酬が安すぎるのでそこまでやれないですけどね

僕も報酬以上の仕事はしません、それはアホのやることですのでね(だからうちは接客がクソ)

 

これすべてを同じレベルで没頭するとなると一部の天才にしかできません

普通の人がやると全部中途半端になるだけですよ

モノになる頃にはもう80歳とかになるんじゃないでしょうか?

 

「なんでも出来ます!」っていう人、だいたい下手くそでしょ

カレーも寿司もイタリアンも作れるんですって人の料理はほぼまずいし、なんでも出てくる料理店ってあんま無いですよね

高級店になればなるほど専門特化してきます、それが一流の証だと感じます。

 

限られた時間と得られる対価を天秤にかけて、やることやらないことをキッパリと宣言できるもの一流という証明ではないでしょうか?

なんでもやれる=プロみたいな風潮ありますが馬鹿じゃねーの?と思います。

 

なんでもやれる店は特徴なくて選びようもないから、その意味でも不親切ですよ

わかりやすい店のほうが親切ってものです。

 

こうやって自己正当化するのが僕の特技なわけですよ

ここまで読んで「なるほど~」と思ったあなたは騙されやすいので、気をつけてくださいね~(笑)

パーマの最近記事

  1. パーマが「かからない、出ない!」実はそれは正常です

  2. 「バージンヘアが美しい」とは限らない!美しい髪はカラーやパーマで手に入る

  3. パーマはかからなくて当たり前!パーマをすると髪が汚くなる理由とは?

関連記事

おすすめ記事

Facebook

PAGE TOP