哲学系美容師がおくる「美しい髪」を手に入れるためのWEBメディア

  1. その他
  2. 234 view

【髪型について その5】髪型がいつも同じになる理由

こんにちは。哲学系美容師として活動している長藤慶太です(@Bangdoll_click

兵庫県尼崎市塚口駅エリアでBang-dollという、世界一丁寧だけど身もふたもない美容室やってます。

 

さて、今日は「なぜ髪型がいつも同じになってしまうのか?」この理由について書いていきましょう

「雰囲気を変えてくれ」
「髪型を変えたい」

といってるのに仕上がりを見るといつもと変わらない・・・

家に帰ってみるとなおさらそう見える・・・

そんな経験ないですか?

 

うちの店はそんな経験がある人ばかり来るので、多分あなたにもあると思います

髪型がなぜかいつも同じになる理由が分からないと、おそらくこの問題からは解決されません

髪型選びで非常に重要なことですので、しっかり覚えてほしいですね

印刷して読んでほしいぐらいです。

 

前回までのシリーズで「髪型について」書きましたが、今回のことが分かってないと意味ないですよ

では本題にいきましょう

 

髪型を変えるための「3つの条件」

髪型を変えたい場合、満たさなければいけない条件というものがあります

1 7センチ以上切ること
2 髪型のジャンルを変えること
3 できればセットすること

この3つです。

3は絶対ではありませんが満たさないと「長さが変わっただけ」になりやすいのでぜひやりましょう

「めんどくさい」とか「できない」とか女子力低いこといってる場合ではございません。

 

いつものごとくマッチョな事を言いますが、何事も「やる」人にしかいい結果は出ないですよ

働かざるもの食うべからずという奴です

 

条件その1「7センチ以上切ること」

髪型と言うものは当たり前ですが、切らないと変化しません

いつもより少し短くしたところでな~んにも変化しません。

 

僕ら美容師なら違いは分かりますが、髪形というものは自分および周りの素人が判断するものです

一般人の周りの人に言われてこそ「変わった」と言えるのです。

 

ラーメン屋のオッサンに「ダシのしょうゆを10滴ほど多くしてみたんだ!どうだ~コクがでたろう?」

と、いわれても僕ら素人にはさっぱり分かりませんね

なに言ってんだこいつは?ものすごくどうでもいいわ。という人がほとんどでしょう。

 

これと同じです。大きな変化がないと普通の人はわかんないんですよ

年末にやってる「芸能人格付けチェック」とかでもそうでしょ

1億と10万円の着物の違いなんて、たいていに人がわかんないのと同じです。


「最低7センチ切ること」

これは髪型を変える上で必須条件です

 

条件その2 髪型のジャンルを変えること

次にコレです

7センチ以上切るとしても髪形のジャンルが同じだと、ただ短くなるだけです。

 

ロングを7センチ切ろうがロングです
ミディアムを7センチ切るとボブです
ボブを7センチ切るとショートです
ショートを7センチ切るとボーズです

このように7センチ以上切れば、髪形のジャンルが変わるんですよ。

 

ジャンルが変わらないぐらいの長さしか切らない場合は、髪形は変わりません

短くなるだけ

 

3 セットすること

髪型と言うのは「長さ」と「髪質」できまります

しかも内訳は長さ10% 髪質90%です。

 

髪質がヘアスタイルの雰囲気を左右するのです

なので髪質をごまかす「スタイリング」というものはめちゃくちゃ大事なのです。

 

髪質が扱いやすく、良い場合はあまり手を入れなくてもいいこともありますが、残念ながら東洋人にそんな髪質の方はほぼいません

長さを切ってジャンルが変わったとしても、寝癖でグチャグチャだったりしたら「短くなった」ぐらいしか分かりません

最低限のセットは必要です。

 

以上、「髪型を変える3つの条件」でした

髪型がいつも変わらない人って言うのは、

長さをあまりきらない
ジャンルを変えない
スタイリングしない

場合がほとんどです。

 

段をちょっと入れたぐらいではマジで変化しませんよ

ショートになればなるほど変化しなくなります。

 

髪型を変えたいのであれば、

長さを最低7センチ切る
ジャンルを変える
セットで変える

この3つは最低条件となります。

 

ぜひ覚えておいてください

この通りにやってみるとおそらく実感すると思います。

 

次は写真の選び方について書く予定です

髪形を変える場合、口でイメージ伝えるとたいてい失敗します。

 

それをさけるためには写真がベストなのですが、写真がまるで使えないことも多いので「意味のある写真」の選び方を書いていこうと思います

それではまた次回

その他の最近記事

  1. 1月の定休日

  2. 上手い美容室なんか探しても無意味!丁寧な美容室を探せ!

  3. 12月の定休日

  4. うんこが食えるようになる調理法

  5. 真の美しさを手に入れるための手引書「勘違いシリーズ」発足

関連記事

おすすめ記事

Facebook

PAGE TOP