小顔に似合う髪型と注意点

この記事は4分で読めます

では「小さい顔、輪郭の人に一般論的に似合うとされている理論」とはどういったものか?
説明していきましょう。

 

小顔というものは基本的に良い物、無敵と思われがちですが、そんなことはありません

デメリットももちろんあります

てゆうか世の中いいとこしかないものなんて存在しません

なんでも表裏一体ですし、人間とは欲深いのでどんな状態でも文句タラタラです(苦笑)

 

今回も前回の「大きい顔」と同じように「小さい顔」の人の話なので、小さい顔+エラ張り、小さい顔+丸顔などの場合は今回の記事の対処法と他に該当する輪郭を足した対処法で対応することになります

 

小さい輪郭の悩みとは?

このタイプは

  • 顔に対して体が大きく見えやすい
  • 顔に対して髪のボリュームが強調される
  • 髪が少ないと余計に小さく見える
  • 髪が多いと頭だけでっかく見える

といった感じ。

 

ただ他人から見たら「顔が小さい」というインパクトであまりデメリットを感じないのも事実です

欠点がチャームポイントになってしまうことも多い。

 

しかし本人的には気にしてる方が多いなあと感じます

まあそういうもんですよねえー、欠点をより良くしたいのは人間の心理ですし。

 

しかしまあ、小さいだけで世間的には可愛いという評価です

無敵感あるのもうなずけるというもの。

 

と、いうわけで小顔の対処法にいきましょう

小顔の対処法なんて個人的にはわざわざ書くことでもないと思うのですが、特徴は知っておいて損はありません

 

小さい輪郭への対処法

対処法としては

  • 髪が多く見える場合はタイトにする
  • 髪が少なく見える場合は動きをだす

正直なところ、細かい部分は顔ありきで決まってくるので、対処法も一般論的なのはこれぐらいです

顔と髪と体のバランスが綺麗に取れる髪型にすればいいだけですので。

 

ここで気をつけたいところは「顔」より「体」の方が大事ということです

美容師というものはどうしても顔重視で観察して髪型を決めてしまうものですが、小顔の場合は体重視で観察してから髪型を考えていくほうがうまくいくことが多いと思います。

 

体つきのパターンは2通りありまして、

・体が小柄に見えるタイプ(典型的なアイドルスタイル、痩せすぎて見えがち)
・体が大柄に見えるタイプ(白人ぽいスタイルに見える、日本人としては大柄に見えがち)

 

それに加えて髪が多く見えるのか、髪が少なく見えるのか、さらに他の輪郭要素は入っていないか?

を考えていくというプロセスとなります。

 

まあ要はトータルバランスということで、総合力がとわれるわけですね

理屈上は顔が小さいとある程度何やってもバランスが良い=可愛く見えるのですが、他人から見た視点と本人の視点では結構な差が開くことが多いものです

本人的には気に入っていない、やりにくいということが起こりやすいわけですね。

 

かゆいところに手が届く。そんなバランス感覚の良さや知識量が問われる輪郭でもあります

雑誌にでてるモデルさんは小顔の方が当然一般人よりも少し多いですが(それでも少ないですが)

髪型と体のバランスあってないモデルを見かけますね。

 

7,8年前でしょうか?

小顔ブームみたいなのがあった時の髪型はそらもう悲惨でした(笑)

 

小顔カットとか言うてましたが、僕から見たら「輪郭を必死こいて隠す、顔隠れてるでカット」になっており「いや、それ頭デカすぎだろ」みたいな髪型が多かったものです。

 

当時はみんなそんな感じのヘアスタイルでしたが、今思うとなんというか進撃の巨人の巨人みたいなバランスの人だらけだったような気がします

なんか体に比べて頭でかいなー・・・みたいな。

 

僕はああいう付け焼き刃というか、短絡的な解決法は嫌いです

なぜならだいたい解決しないし、むしろ悪化してるから(苦笑)

 

進撃の巨人の主人公エレン=イェーガーも「この世界は地獄だ」といってた気がしますが、僕から見てもまさにそうだったように思います

もっと自然な髪型あるでしょうと。

 

k002

 

e3

髪型としてはこれといったスタイルはありません。基本的に顔と体ありきで考えるので。

個人的にはこんなのが一般的かと思いますが。

 

上のロングの人は肩がやや広めに見えるので、ストレートの場合は画像のように少しボリュームのあるロングにしたほうが良いでしょう(まあ髪質が適合しないと無理ですけど)

 

ただ顔が小さくて腰は細いので、あんまりボリュームあると頭でかく見えます

なので耳に髪かけてややタイトさをだすとバランスがとれますね

(服の首元の透けてるデザインと壁もポイントです。この写真、めちゃくちゃデザインの事考えられてます)

 

もう少し軽い感じにしてアイロンで巻くのも手です

このようにバランスをトータルで考えていくことになります。

 

下のモデルは小顔でもなく、体はやや大柄っぽいです

上のロングと比べるとバランスを取る方法は大雑把でよいです。

 

なので写真も体は肩と胸にしか入っておりません

顔だけだしても問題ないからですね。

 

上のロングはやや引きの構図で腰上から肩は全部はいってますが、顔だけ写すとバランスが悪いからです

こんな感じで小顔の方は色々と考える事が多いのです。

 

まあ色々書きましたが、基本的にある程度なんでも似合うと思ってもらってよいです

髪質のほうが重要と言えるでしょう。

 

髪が多いならタイトに
髪が少ないならボリューム感
それに加えて体に合わせてバランスを作る

まとめるとこんな感じ。

 

注意点

バランスのとり方、髪型の作り方の考え方が他の輪郭パターンとはすこし違います

髪型を考えるときは全身のバランスを考えて決めましょう。

 

ちなみにメイクとかファッションも同じですよ

まあある程度適当でもそれなりに見えてしまうのが、この輪郭パターンのうやらましいところなのですが。

 

なぜかわかりませんが、この輪郭パターンの人はボディバランスも良い人が多いのです

反面、歯並びと筋肉のつき方が良くない人が多く、自律神経系の不調も多いようですが。

まあこれは髪の毛とはなんの関係もないですが(笑)

 

唯一気をつけて欲しいのが貧相に見えやすいのでそこは注意してほしいですね

他の輪郭より女子力高めでいかないとなんか芋臭い、もしくは不健康に見えます(特に小柄に見える人)

 

スタイリングのポイント

髪型ありきなので特に書くことはございません。輪郭だけで言えばある程度、髪型はなんでも似合います

顔のパーツ次第で髪型が変わる感じですね。

 

髪質が悪ければ手間がかかりますし、そうでないなら楽できるでしょう

ヘアスタイルのもちも同じくです。

 

まとめ

メリットばかりではない
体のバランスと顔のバランスの取り方が重要
顔ばかり見てはいけない

あんまり書くことないかなあ。おもたんですが意外と長くなってしまいました

こーいう奥の深いものはついつい長くなってしまいますね。




℡ 06-6421-5406

ご新規様に限り、初回に使えるクーポンをご用意しています
ぜひご活用ください



ご来店いただいた方の口コミも集めています
ご協力お願いします



 にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
  • 2015 12.24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

ブログ書いてるおっさん

1s
古今東西のカットを学び、すべての技術を徹底的&物理的に理解した結果、世界一夢のない美容師になりました

「無理なもんは無理」となんのためらいもなく言います。

そのせいか他店で失敗した変な頭を直してほしいというお客さんや、本当の意味での接客を望むお客さんに絶大な支持を得ています。要は変な頭になりたくない人専用美容室です。

「物理、哲学、感情バイアス」をベースとした独自のコミュニケーション理論を持ち、 知識、説得力、応用力は超一流。腕は1.5流

学者的アプローチで堅実なヘアスタイルを提供してます

予約はコチラから↓



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー