哲学系美容師がおくる「美しい髪」を手に入れるためのWEBメディア

  1. カラー
  2. 687 view

白髪染めしてもキリがない!そんな悩みを解消する【未来の白髪抹殺アイテム】

こんにちは。哲学系美容師として活動している長藤慶太です(@Bangdoll_click

兵庫県尼崎市塚口駅エリアでBang-dollという、世界一丁寧だけど身もふたもない美容室やってます

予約が取りにくいため、LINE公式アカウントにてキャンセルが出た場合は通知しております

友だち追加

 

さて、今日は白髪に悩む方に未来の白髪抹殺アイテムをご紹介したいと思います

白髪の悩みはまずこれでしょう

「染めてもすぐに生えてきて1、2週間で我慢できなくなる」

というもの。

しかしそんな頻繁に美容室にカラー行ってられないわけですよ

でも白髪は気になる・・・なんとかしたい。そんな方にオススメの抹殺兵器です。

当たり前だがなんか塗るしかない

白髪が気になる問題の解決策は、白髪を何らかの形で染めるしかありません

生えてくるんだからそれは仕方ない

魔法のアイテムや魔法のテクニックなんぞはなく、生えたら染める。これしかありません。

 

問題は何でどうやって染めるか?です

今の科学技術でできることは3つ

1:美容室で染める
2:スタイリング剤で一時的に染める
3:自分で染める

今回は2と3をサポートするアイテムの紹介です

その前にそれぞれのメリット・デメリットを整理しておきましょう

1:美容室で染める

まあ定番中の定番ですね

メリットは、

・美しく染まる
・すばやく染まる
・安全性は抜群
・文句なしのクオリティ、パーフェクトに白髪抹殺

デメリットは、

・仕上がりは店・美容師による
・行くのがめんどくさい
・「今すぐ」は染めれない
・コストはかかる(激安カラー店は除く)

定番なんで特に言うことはないですね。

 

1,2週間に一回カラーできればいいですが、面倒くさいしコストもかかるわけです

白髪に積年の恨みを持つ方々は、そこが問題なわけですね

雨後のタケノコのようにピョコピョコでてくるのがたまらんと。

 

そこで対策として

2:スタイリング剤で一時的に染める
3:自分で染める

というのが候補に上がってくるわけです

2:スタイリング剤で一時的に染める

使ったことない人はわからないと思いますが、白髪を一時的に染める事ができるアイテムがあります

朝つけて、シャンプーすれば流れて元通り

マスカラのようなものや、ファンデーションみたいになっており毎朝白髪が気になる部分にペタペタとつける。そんなアイテムです。

 

一見するとかなり良さそうですが、これにもメリット・デメリットはあります

・安全性は高い
・手軽にすぐできる
・コストは安い

メリットはこんなところ、次にデメリットですが

・商品によっては固まってパリパリになることがある
・おばはんの匂いがする商品が多い(笑)
・カバー力が弱いので完全に隠れない
・服や指につく
・毎朝やるのがめんどくさい
・商品が多いのでどれがいいかわからない

 

そこそこ便利だとは思うのですが使ってる人があまりいないので、やはりめんどくさいのでしょう

なんせめんどくさいと人間は動きませんからね

僕ももはや「スタイリングしてくれ」なんてとうの昔に言うのをやめました

今ではスタイリング剤も売らないし、やり方の説明もしません(笑)

3:自分で染める

美容室で染めるのも追いつかない、スタイリング剤でそめるのもめんどくさい

そうなってくると、あとはもう自分で染めるという選択肢しかありません

もうおわかりかと思いますが、今一度メリット・デメリットを把握しておきましょう

メリットは、

・気になった時にすぐ染めれる
・ちゃんと塗れれば白髪は完全に抹殺可能

 

次にデメリット

・非常に危険
・色ムラがでる
・カラー剤の選択が自分ではわからない
・キレイに塗れない
・コストは意外と高い(激安カラー店行ったほうが実は安い)
・自分でやるのはめんどくさい
・美容師の機嫌が非常に悪くなる(笑)
・カットやパーマのクオリティが下がる

こう見ると自分で染めるという選択肢はまあないわけですよ

しかし選択肢は2と3しかありません

そうなるとこの選択肢で以下にあがくか?これが近年の美容メーカーのテーマでもあったわけです

そこで現状の答えをこれから話しましょう

現代科学で最高の抹殺兵器たち

さて、ここから抹殺兵器たちのご紹介です

僕は「白髪なんか出てくるんだからあきらめろ。月1で染めたらいーんだよ」という男気あふれるマインドセットでしたが、各社が躍起になっているのでその男気は買ってやってもいいかもしれない

と思ったわけで導入をしてみました。

 

「月1のカラーじゃ白髪が我慢できない!」という人は、ぜひこれらの抹殺アイテムをご検討ください

キチガイなほど神経質なこだわりを常に見せる僕がセレクトしたものですので、内容は良いです

基本的に僕の判断、決断は10年くらいの経験上で出すのでクオリティはいうまでもありません

気にいるかどうかはあなたの感情の問題であり、そんなもん僕の知ったこっちゃないのでそこは勘違いしないでほしいですけど(笑)

ちなみに抹殺アイテムは2と3のものがあります

スロウコンシーラー

スロウ ヘアカラーコンシーラー

Amazonで買う

これは前から紹介してますが白髪を隠すスタイリング剤としては優秀で、これが一番でしょう

スタイリング剤の紹介の記事で書いたものですね

 

2の項でデメリットを書きましたが、それらをある程度解消しています

・商品によっては固まってパリパリになることがある→ならない

・おばはんの匂いがする商品が多い(笑)→しない

・カバー力が弱いので完全に隠れない→これはムリ、そんなもん

・服や指につく→かなりつきにくい、てかつかないかも

・毎朝やるのがめんどくさい→頑張れ

・商品が多いのでどれがいいかわからない→これ使え

 

ちなみにネットで買っても価格は高いのでほしいならウチで買ってください

商品見れますし、色味も2種類あるので僕が選んだほうが間違いないです

アマゾンでレビューが見れますので見てみてください

オルディーブ シーディルインターバルRC

さて、次に紹介するのは新アイテムです

なにやら長い横文字がついていますが、それはどうでもいいとして、これはなにか?

「カラー剤」です

そう、自分で染めろ!ということですね。

 

ただし自分で染めるのはかなりのリスクがあります。そこが問題点だったわけですから。

そこでこの商品は「顔周りと分け目のみ染める」ことを前提としています

内容量もその分量しか入っていません。中身も僕らが使うものと遜色ありません。

 

顔周りと分け目のみ染めるのならそこまで危険はありません

色味はこちらが選びますし、詳細な解説書もついています

なにより安全なのが「美容師の管理の元、自分で染めれること」です

おお、画期的。

 

自分で染める場合、もっともやっかいなのが「美容師の管理外」ということです

管理内であればこちらも対処できますし、そもそも染めるのは顔周りと分け目のみ染めるなのでそうそう事故もおきません

これは前から僕も思っていたことなのですが、そういう商品はなかったのです

今更になって出すなら、さっさと出しとけや。と思いました(笑)

 

ちなみに染めるために必要なものは全部揃っています

毛の少ない人、白髪の少ない人であれば2回位は染めれるでしょう。

 

工程としては1液と2液をまぜ、分け目と顔周りの白髪に指でぬり、25分放置して流す

これで終わりです。

 

以上、白髪に悩まされている方はどちらかの商品をお試ししてはどうでしょうか?

手軽さ&リスクなさならスロウコンシーラー、毎朝塗る手間を省きたい&確実に見えないようにしたい場合はオルディーブですね

ぶっちゃけた話

さて、ここからはぶっちゃけた話です

それは極力「僕以外の人間に頭触らせないでほしい」ということ

例えばカラーは他、カットはうちみたいなパターン

これ勘が狂います。

 

例えばどこで染めようがカットには関係がないと思うでしょう

これ、実はあります

カラーのダメージとかやっぱ感覚的に理解しながら切るんですよね僕ら美容師って。

 

一見、このレベルはオカルトなんですが、僕クラスになるともう細かいことが気になって気になってしかたがありません

他人が触った食材で料理したくないわけですよ、なんでここ、こうなっとんねん!思うわけです。

 

僕はプロという言葉が嫌いですが、やはりそれレベルなら異常に神経質なもんなんですよね

僕は元々が神経質なのでなおさらです

料理で見るところが味ではなく、口当たりとかですからね

なめらかな口当たりにしたいなら繊維にそって切る

触感を出すなら繊維に逆らって切るくらいはしてほしいとか思っちゃうレベルです

言わないけど。

 

それぐらい神経質なものなのです、一流とは。

僕の持論ですが2流以下は素材にこだわらない、一流は素材やコンディション、シチュエーションにもこだわります

条件が揃わないと仕事をしないのが超一流です

おそらく一般とは逆の思考ですが、どんな状態状況でも仕事をするのは2流以下なのです

例えば僕は他人の道具一切触りません。感触や重さが手に残るんですよ。自分のハサミでも現状で使ってないものは極力触りません

僕が変な頭にならないようしてくれ。というのはこー言うことが背景にあるからです

頼むからちゃんと仕事さしてくれ!と。

 

まあカットの場合は僕の勘が狂うだけですみますが、これが薬を使うことだとガチでクオリティ落ちるわけですよ

これ、うまい人みんな言いますからね

「最低でも1年は通い続けてくれないとクオリティ下がるよねー。自分以外の人間の手が入った髪はやっぱダメだわ」って。

 

僕も他人が染めたカラーの後に矯正とかパーマするのはやっぱちょっと怖いし、状況によっては断ります

修正が必要になってることもありますしね

なので他所で染めてわけわからん頭になるなら、紹介した白髪抹殺アイテムを使ってほしいです

オススメはスロウコンシーラーですが、まあオルディーブでも良いです。

カラーの最近記事

  1. 白髪染めしてもキリがない!そんな悩みを解消する【未来の白髪抹殺アイテム】

  2. カラーした日は絶対に洗え!シャンプーと色持ちは一切関係ない理由とは?

  3. 「髪色が会社の決まりで7トーンまで」は無意味がない!?その理由とは

  4. ヘアカラーは痛む?その常識、まちがってます

  5. カラーに安全もオーガニックも存在しない理由とは?【ツチノコ探すのはやめろ】

関連記事

PAGE TOP