哲学系美容師がおくる「美しい髪」を手に入れるためのWEBメディア

  1. カット
  2. 546 view

大きい顔に似合う髪型と注意点を徹底解説!「ツヤ感」「ワンカール」「タイトなシルエット」が鍵

こんにちは。哲学系美容師として活動している長藤慶太です(@Bangdoll_click

兵庫県尼崎市塚口駅エリアでBang-dollという、世界一丁寧だけど身もふたもない美容室やってます。

 

では大きい顔、輪郭の人に一般論的に似合うとされている理論とはどういったものか?

説明していきましょう。

 

ちなみに大きい顔といっても実際の人間の場合、大体の人がタマゴ型でないので正確には「大きい顔+エラ張り」など、大きい顔に+もう1要素となります

今回の記事ではただ単に「大きい顔」の人の話なので、大きい顔+エラ張り、大きい顔+丸顔などの場合は、大きい顔の対処法と他に該当する輪郭を足した対処法で対応することになります

大きい輪郭の悩みとは?

このタイプは

  • 顔が大きく見える
  • 頭が大きく見える
  • バランスが取りにくいので髪型が限定されやすい(物理的、心理的、両面で)

という感じです。

 

ただ短所になるかといえば、顔が大きいだけでは決定打にならないのでそうとも言えません

もう1つの輪郭の要素のデメリット方面に引っ張られる事が多いものです。

 

顔が大きいということはメリットも目立つので、そこがあえていうなら長所でしょうか。

クールで顔でかい人はよりクールな印象が強くなるというか、インパクトがあるという感じです。

 

こういった話は心理的なものなので人によるとしかと言えませんが、多くの人間が同じように感じる可能性は高いです

寒い日はみんな寒いでしょ(笑)

大きい輪郭への対処法

対処法としては

  • 頬を包むような内巻きスタイル
  • タイトなシルエット
  • 平面的な質感はNG
  • ウェーブスタイルなどの立体的な髪型は顔やスタイル次第

顔のインパクトがあるので割りとシンプルなヘアスタイルが似合うでしょう

手の込んだスタイルは少し危険かと。(そもそも髪質的にできないことがほとんどだし)

 

 

imgdet_267_3130_imgdet_org

例としてはこんな感じ

全体的にタイトに(特に顔周りは)して毛先をスタイリングで内巻きにしておけば、毛流れができて平面的になるのを防げます

かといって動かし過ぎると頭でかく見えてくるんで注意ですね。

 

m_li003_a

前髪作るのもアリですがあんまりズドーンと下ろすのはやめましょう

動きのある前髪が良いです(この長さで動く髪質は珍しいだろという問題はありますが)

 

 

e3

ボブだとこんな感じ。顔、髪質、頭が違う上に写真なのであくまでイメージですが。

ボブの場合は前髪ないほうがいいと思います顔のパーツにもよりますけど。

 

 

o0450060010824444092

ショートの場合はボブのニュアンスが残ってるほうが無難でしょう

それ以上切りたい場合は顔を含め全身を見ないとなんの判断もできません。

 

全体が短い場合はあまり前髪は短くしたくないので、基本的にどうしてもボブのニュアンスが残ったショートになります

前髪長いのにボブっぽくないショートとかわけわかんないですからね

どんな髪型やねんいう話ですよ。

 

上記の画像のように、シンプルかつ平面的でないヘアスタイルがよいでしょう

ただ正直いって、メチャクチャ髪質選びますよ

フツーの人だと無理だと思っていいです(苦笑)

注意点

もうなんとなく分かるかもしれませんが、基本的にくせ毛はNGです

余計顔大きく見えてしまうので、スタイリングか矯正でシルエットを潰してしまいましょう

しかし矯正すると動きが出ないという・・・。

 

とにかく大きなシルエットと平面的な質感は避けねばなりません

理想的な髪質は「多すぎず少なすぎず、クセはないがまっすぐすぎでもない」というなんともめちゃくちゃな髪質です

いないよ、こんな人(苦笑)

 

そんな髪質ほぼありえないのでスタイリングがめちゃ大事なわけですね

ナチュラルメイクで美人に見せるのが一番むずかしいといわれますが、まさにそれと同じです

こーいうシンプルなのが一番むずかしい。

 

実はカットも難しくなります

特に軟毛で毛が少ない人ほどその傾向になるので注意です

量が多い人は綺麗に量を減らして動きを出さないといけないので、それもまた難しいです。

 

このパターンのカットで、うまく切られてることはまずないと言えるぐらいです

なぜなら技術力はもちろんですがそれ以上に、物理的な知識が必要なカットになるからです。

 

ハサミの構造と髪の毛の切断面から起こる挙動を、根本的に理解していないと難易度が跳ね上がるんですよ

経験上、この手のヘアスタイルは神経質そうな人が得意です。

 

なので知らない店に行く場合はスタッフ写真みて、神経質そうで性格悪そうな人にしてもらうと綺麗に切ってくれるかと思います(笑)

ちなみに僕はこの手の髪型はフツーに切れます(僕の考えではカットに得意も不得意もない)

ただ、ブログ見たらわかりますが性格も接客ももれなくクソです

敬語しゃべれませんし「そんなん知りまへんわ」とか普通に言います

スタイリングのポイント

スソの部分にカール感を出しましょう。顔周りはタイトにしてすっきりさせときましょう

セット自体はアイロンで内巻きにして、癖があるなら伸ばす程度です

できることならブローしてからアイロンしたいところ。

 

ブローでワンカール入ってくるなら、アイロンはなくてもいいですがまあそんな髪質珍しいですね

前髪もゆるやかに丸みを出してくださいね。

 

この手のスタイリングは必ずなにかつけましょう。毛先にワックスが欲しいところです

束感を出しておけば動きが出て見えますし、平面的にも見えにくいものです

パリつかないスプレーとワックスの合わせ技がおすすめでしょうか。

 

まあなんにせよ、くるくるドライヤーやアイロンは必須ですね

ヘアスタイルのもち

髪質に依存するのでなんともいえません

量が増えたり、質感の荒れはいけませんのでそれが出てきたら切り時です

コンディションにはすこし気を使っていただきたいところです

ヘルシーさが命の髪型なので、ダメージケアにはすこし神経質になってほしいところ

まとめ

ではまとめましょう

・悩み
大きく見える
頭も大きく見える
バランスがとりにくい

 

・対処法
内巻き
タイトなシルエット
ペタンコ、ツルッとしすぎはダメ
動きの強いスタイルは危険

 

・注意点
クセ毛はどうにかしておきたい
大きなシルエットと平面的な質感は避ける
カット地味にムズい、しかもちょっとでもミスると誤魔化し効かない

 

・スタイリング
スソにワンカール
ツヤと束感
ブローしてほしい
スタイリング剤は必須

 

こんな感じでしょうか

個人的には少し面倒というか厄介なタイプだと思うので、特に店選び及び美容師選びには気をつけてほしいところです

カットの最近記事

  1. 髪型が変!失敗した!人に教えてあげたいショッキングな事実

  2. 美容師に「トップがふんわりしたい」と言うとムッシュかまやつヘアーになります

  3. 短くするのならボブがオススメ。その理由とは?

  4. ボブにしたい人必見!切る前に確認しておきたい「ボブに向かない髪質」

  5. ショートにしたら「オッサンなってるやん」問題

関連記事

おすすめ記事

Facebook

PAGE TOP