哲学系美容師がおくる「美しい髪」を手に入れるためのWEBメディア

  1. カット
  2. 924 view

ボリュームがでない、軟毛、猫毛の典型的な失敗パターン10選

こんにちは。哲学系美容師として活動している長藤慶太です(@Bangdoll_click

兵庫県尼崎市塚口駅エリアでBang-dollという、世界一丁寧だけど身もふたもない美容室やってます

予約が取りにくいため、LINE公式アカウントにてキャンセルが出た場合は通知しております

友だち追加

 

今日は超軟毛で量が少ない場合の施術例を書きます

いわゆる猫毛でぺったんこになる人ですね

こういった髪質は珍しくなく、アジア人に多いクセ毛ボンバーヘッドの逆側の存在で、美容師的立場からすると別に珍しくもありません

ちなみに僕自身がこの髪質です。

 

この髪質の定番の悩みが、

・ボリュームがでない
・パーマあてて汚くなってる
・痛んで見えやすい
・すぐに黄色くなる
・変な段がはいっててウケル頭になってる
・貧相に見える
・からまる
・ハゲて見える
・雨の日広がる
・アホ毛ボンバー

といったところでしょうか。まあ髪質にもよりますけど。

例で言うと僕の場合はボリューム、痛んでみえる、黄色くなる、貧相に見える、ハゲに見える、からまるが該当します。

 

解決策は一概に言えませんが、ほぼほぼこんな感じ

・ボリュームがでない→そもそも無理、あきらめる
・パーマあてて汚くなってる→そもそも人類の90%にパーマは当たらないし無駄なのでしない
・痛んで見えやすい→スタイリングする、明るいカラーはしない
・すぐに黄色くなる→明るいカラーしない
・変な段がはいっててウケル頭になってる→それ失敗だから。
・貧相に見える→顔が薄いからそう見えるのであって毛のせいではない
・からまる→ブローする、あきらめる
・ハゲて見える→毛が少ないんだから天然のハゲみたいなものなので当然の話
・雨の日広がる→外に出ない、あきらめる
・アホ毛ボンバー→スタイリング、あきらめる

あら、無慈悲。

 

特に多いのがパーマあてたり、変に段いれたりですがやめましょう

パーマあてても元がヘナヘナなんだからボリュームなんてでませんよ。

 

上の毛短くするのも無意味です。別に短くしてもボリュームでないです

これ、よくある勘違いなんですがホントに多い

美容師が「上短くしてボリューム出るようにしましょうか!」というパターンもあるんですがありえないです。カットを理解していない

before

【素材DATE】
 
・頭の形 普通
・クセ度合い なし
・硬さ 超軟毛
・量 結構少なめ
・備考 前髪がデコが広いため少ない。そのため貧相に見える。全体的に生えグセがすごく、上がパッカリと割れるのでなおさら少なく見える。パーマが当たっており、段も入りすぎ

 

というわけで施術例です。典型的なケース

パーマと変な位置の段差があり、典型的な状態だなと感心するレベル

ハンコを押したような仕事で思考の後は見られません。

 

希望としてはテンプレ回答でボリューム、上がふんわり、貧相に見えるのが気になる。でしたが全部あきめてくれと言いました(笑)

全部髪質が原因ですからね、カットごときでどうにかなるもんではありません

after

ボリュームがでないので丈を詰めて短くしました

パーマも邪魔なだけなので、できる限り切り落とします。

 

ボリュームでないのに縦長い髪型にしたら余計に貧相に見えますからね

あと毛がふにゃふにゃでアホ毛や広がりも出るので(パーマあたってるから余計に)短くしといた方が見栄えも良いです

上がパッカーンとなるのはこれはどうしようもないです。毛穴の向きの問題なのでスタイリングとかしても無駄です

無駄なことはあきらめるのが僕のおススメの解決策です。

 

要望を無理やり叶えようとしたbefore(叶ってないけど)と、要望を全部無視したafterのどっちがヘアスタイルとして美しいですかね?

僕は後者です、だからそうしたわけですが(笑)

 

まあ最後は人それぞれの好みですが、後者だと思う人はうちに来れば満足するかもしれませんね

前者の人は来ないでください。お互い嫌な思いするだけなんで(苦笑)

カットの最近記事

  1. 髪の広がりに悩んでるなら短くしてワックスてんこ盛りにしろ!

  2. 前髪を失敗した人に教えてあげたい!美容室に行った次の日に前髪が短くなる理由とは?

  3. ボリュームがでない、軟毛、猫毛の典型的な失敗パターン10選

  4. 【イケてる度合100%増し】剛毛、くせ毛、チリチリはこだわりを捨ててショートにしろ!

  5. ショート、ボブで襟足が浮く、モコつく原因はこれ!ムダ毛を根こそぎ切り落としてシャープな襟足…

関連記事

PAGE TOP