哲学系美容師がおくる「美しい髪」を手に入れるためのWEBメディア

  1. ヘアケア
  2. 1163 view

【傷んでからじゃもう遅い】みんなが知らないトリートメントの新事実

こんにちは。哲学系美容師として活動している長藤慶太です(@Bangdoll_click

兵庫県尼崎市塚口駅エリアでBang-dollという、世界一丁寧だけど身もふたもない美容室やってます

予約が取りにくいため、LINE公式アカウントにてキャンセルが出た場合は通知しております

友だち追加

 

仕事していて思うのですが、みなさん「なにか起きてからどうにかしようとしすぎ」です

どうにかなったらもう遅いんで(苦笑)

カットで失敗したとか、矯正で失敗したとか、パーマで失敗したとか色々ありますが全部手遅れ

カットの失敗は生え変わるまで治りませんし(1ヶ月1センチしか伸びないので50センチの長さがあると治るまで5年)

矯正とかパーマとかカラーで失敗したらダメージも出ます

やっちゃったらもう遅いんです。

 

やっちゃった髪の毛は「ごまかし」でお茶を濁すしかありません

ブローやスタイリング剤で手触りよくしたり、代表的なのはトリートメントですね

しかし実はトリートメントは、傷んでからやるもんではありません(笑)

あれはダメージする前に予防としてやるのが本来の目的。

 

みんなこれ言うと驚きますが、トリートメントに髪の毛を治す効果はありません

手触り良くなるのは、髪の表面になんかついてるからです(笑)

それがとれたら手触りはまた悪くなります。

 

傷んだ髪だとトリートメントの効果もやっぱり落ちます

痛んでからするのではなく、痛む前にしてほしいですね。

近年の美容業界は諸事情があり(笑)トリートメントに力入れています

やっぱ単純に効果でるんですよね。ツルって。

カラーとかパーマなんて薬よくなったって、違いなんかないんですよ

結局は美容師の力量だし。バカが使えばよく切れる包丁もただの凶器なのと同じです。

 

最近のトリートメントはなかなかに良いので傷んだ髪もすごく良くなった気がしますが、それゆえに髪の扱いが雑になる人も出てくると思うんですよね

マジでどうにかなってから対処せず、なる前に対処しておきましょう

美髪は1日にしてならず。

トリートメントの種類

今、ハッとなったんですがみさなんトリートメントのことってちゃんと理解していないんですよ

トリートメントと名のつくものは全部同じで、区別がついてません。

 

僕がこの記事で言うトリートメントとは「美容室でしかできないトリートメント」のことです

洗い流さないトリートメントや、風呂場で使うものの話は今回してません

てか、あれらは大したトリートメント効果ありませんよ(つけないとだめだけど)

 

美容室でしかできないトリートメントっていうのは2つの種類しかないです

・シャンプー台で終わるタイプ
・トリートメントだけで30分位かかるやつ

この2つで要は時間がかかるか、かからないかですね。

 

各店舗によって色んな名前ついてたり、当店独自の!とか言っちゃってますがまあ全部同じです(笑)

車とで言うとセダンはセダンですよね。違うのは乗り心地。これと同じ

まあ効き目はメーカーによって違いますが、モノとしては同じと思ってください。

 

ケア的な話でいうと髪質や長さにもよりますが、風呂場でトリートメントつけて、乾かす前にアウトバスつけて、美容室でトリートメントしとけばいいです。

めんどくさいかもしれませんが、まあエステと同じですよ

美はめんどくさいんですよ(苦笑)

超もっちりヘアパック

この記事で書きましたが、

うちの店もトリートメントメニューはあります。

 

まともにトリートメント触ったのは数年ぶりでしたが、進化のほどに「ほえ~」となりましたね

今はさらにこったものも出てますが、規制や規約ばっかで違う意味でうんざりしてます(笑)

そーゆーのはめんどくさいのでうちは使いません。

 

以前のものは単純に手触りだけでしたが、毛がツルっとモチっとして水分ある感じになります

感覚なんで言語化できませんけど。

 

「トリートメントで髪質が変わる」と思ってる人もいますが(ちなみにありえません)そう感じるのも無理はない

それほどに近年のトリートメントは良くなっております。

 

というわけで実例を。

しかし、トリートメントは写真に写らないんで意味ないんですけどね

たまに写真でピッカピカのものありますが、あーいうのはお客さんの髪質+アイロンしたりしてるトリック写真です(笑)

 

うちにも写真はあるんですけどね

エクラスタトリートメント

ちなみに髪質がこうなる人であればなります。まあこうなる髪質の人めったにいないですけど(苦笑)

超もっちりヘアパック実例

素材DETA

・頭の形 大きい
・くせ度合い 広がる
・硬さ バリカタの剛毛
・量 ジャングル

画像ではこの程度ですが、実際はかなりゴワつきがあります。タワシくらい

今回はカットなしで、カラーとトリートメントです

After

写真じゃあんまりわかりませんが、毛羽立っていた毛がだいぶ落ち着きました

手触りもタワシからツルンとした感じに。カットしてませんがある程度収まりも出ましたね

髪の質感が良くなれば収まりも必然的によくなります。物理的な問題で。

 

白髪染めはフツーに行いました

僕は色が抜けて黄色くなったりするのが嫌なので、カラーは超シンプルに行います

色味にこだわったり、明るい色にはしません

色味なんてブリーチしないかぎり茶色にしか見えないし、明るさもブリーチしない限りたいして明るくなりませんからね。

 

こーゆーカラーしかやりませんうちは。スイーツみたいな色にしたい場合は来ないほうがいいです

なにそれおいしいの?って言いますから。

 

あとトリートメントの頻度をよく聞かれますが、そら多いほうがいいですよ(笑)

週一とかでやると超絶に髪質良くなります

でもまー現実的ではないのでカットやカラーと一緒に。って言う感じでいいと思いますよ

めんどくさいと続きませんしね。

 

どれくらい持つのか?よく聞かれますが、そんなもんは僕にわかりません(苦笑)

あなたが「持った」と思うまでです

トリートメントっていうのはもつからするんではなく、予防のためであったりより美しくなるためにするものです

発想が違うくて、モチなんか二の次三の次です。

ヘアケアの最近記事

  1. 白髪染めしてもキリがない!そんな悩みを解消する【未来の白髪抹殺アイテム】

  2. 【傷んでからじゃもう遅い】みんなが知らないトリートメントの新事実

  3. 哲学系美容師がオススメする最強スタイリング剤たち

  4. 【永久保存版】スタイリング剤の選び方、種類の全知識

  5. シャンプーで首がかぶれる人向けの正しい洗い方講座

関連記事

PAGE TOP