哲学系美容師がおくる「美しい髪」を手に入れるためのWEBメディア

  1. カット
  2. 142 view

エラが張った顔に似合う髪型はこれだ!雑誌では語られない注意点も解説【脱ホームベース】

こんにちは。哲学系美容師として活動している長藤慶太です(@Bangdoll_click

兵庫県尼崎市塚口駅エリアでBang-dollという、世界一丁寧だけど身もふたもない美容室やってます。

 

ではエラの張った顔、輪郭の人に一般論的に似合うとされている理論とはどういったものか?
説明していきましょう

ちなみに他の顔の形も書いてますので、この記事から見てる方はオススメ記事にまとめてあるので他のも見てください

より理解が深まるかと思います

エラの張った輪郭の悩みとは?

このタイプは

・顔が角ばって見える
・横に顔が広がって見える
・キツイ印象にみえるアップ、アレンジは似合いにくい

といった感じです。

 

顔のパーツ、体型はのぞいた話ですが長所は首がすっきり見えることでしょうか

わりとスタイルよく見える輪郭でもあります。

 

勝手なイメージですが、CMなどで使われる美人なインド人女性はエラ張った輪郭のイメージが僕は湧いてきます(笑)

クールな印象のある輪郭と言えます。

エラの張った輪郭への対処法

対処法としましては、

  • トップ、エラの少し上にボリュームのあるスタイル
  • エラの部分に動きや段を入れておきたい
  • 全体的に丸いスタイル
  • ストレートヘア、デコが完全に隠れるスタイルは顔のパーツ次第だが難易度が高い

といった感じでしょうか。

 

もうここからすでに髪質がすべて状態のヘアスタイルだなあと思います

東洋人とは相性が悪いアプローチと言えるでしょう

これだから世間で言われてる「顔の形をフォローする髪型理論」は一切役に立たないのです

 

写真で言うとこんな感じ

img_main01

エアリーすぎワロタw

完全に写真でしか存在できない髪型ですわ。

 

そもそもこんなん自分でセットできるのでしょうか・・・?
しかも風吹いたら一発アウトですよこんなん。

 

こんなカットしてまともな形になる髪質なんて滅多にいませんよ

ちなみに丸顔の人にもこの髪型は相性がよいです。カールつきすぎだけど

丸顔の場合はもうちょいカール落とします。

 

mig

さっきの写真はスタイル的には今風ではないというか、あまり雑誌等で見ないと思うので、よく見るタイプでいうとこんな感じでしょうか

ちょっと重く見えるバージョンです(このモデルは毛多すぎだが)

 

前髪はちょっとまずいですが、まあイメージなので軽いノリで見てください

もうちょっと顔周りに段入れて、動きだして後ろももうちょい軽くしたいとこですね。

 

前髪切って顔周りに段少し入れて、スタイリングすれば持ち上がってエラ上にボリューム出るでしょう

まあそのエラ上のボリュームと動きが何秒継続するのか?はかなり疑問ですが、顔の形と髪型理論は基本的に机上の空論なのでそこは考えてはいけません

あくまでその人を連れてこないとなんとも言えないので。

 

1097_1414803173_25123

短くするならこんな感じでしょうか

ポイントとしましては

  • 前髪は流すor隙間を作る
  • 顔周りはふんわり曲線で。ただし顔ですぎる長さはNG
  • 上に高さを出す

といった感じです。

 

画像のモデルはちょっと顔ですぎですね

まあちょっとしかエラ目立たないのでこの人の場合はこれでもいいのですが。

 

この場合はエラ張ってるというより、輪郭のせいでエラが目立つといった方が正しいですね

エラ張り、いうても2種類あるんですよ

フツーにエラ張ってるのと、なんらかの理由でエラが目立つの2パターンです。

 

まあイメージはこんなんです

上記のような対処法が使えない髪質の場合どうするかですが
そこら辺に関しては人によるとしかいえません。

 

机上の空論はリアルでは使いドコロがホントにないものなのです(苦笑)

髪質的に無理なのに上記のような髪型をすると、エライ目にあいますので気をつけてください

ちゃんとした美容師に見てもらってくださいね。

 

じゃないとエライ髪型なってこんなんなりますよ↓

ダウンロード

なにこれ~いうて、うち来られても治りませんのでね

毛ーあれへんかったらどーしようもないです

注意点

このタイプの対処法はこれまで書いたことなのですが、注意点があります

すでに書いてますが一般論的な対処法ですと、カット的にもスタイリング的にも難しくなる傾向にあります。

 

なのでやってもらう美容師の判断力と、あなたの髪質に仕上がりがかなり依存します

かなりっていうかもう100%(髪質90%、美容師の判断力10%)

無理と言われたら美容師のいうこと聞いとくほうがいいです。

 

上記の対処法以外に手がないのか?

それは一回見てみないとわからないし、上記はあくまで一般論なのでこれが良いとも限りません

エラ張り輪郭にやったらアカン髪型が似合う事も、往々にしてありますのでハヤトチリはしないように。

 

そういったことも含めて、判断力のある美容師にしてもらってください

これがあるから、一般論的なテンプレート思考を書くのは嫌なんですよ(苦笑)

 

結局は髪質ができる髪型を決めるんで、顔の形から髪型を考えるとか無駄なんですよね

スタイリングのポイント

基本的にボリューム感と動きのあるヘアスタイルになります

顔は出し過ぎないようにしましょう。

 

顔を出し過ぎないということは、周りにあまり段が入らないということ

なので顔周りの毛は少し長い目になる傾向になりますので動きが悪くなります

セットが重要になるわけですね。

 

髪質的にはやらかい人のほうが有利ではありますが、それは生まれつきのものなので仕方ありません

ちなみに僕の顔面はエラ目立ち1割、面長9割タイプです。

 

典型的な対処法の頭とスタイリングしてるので、もしうちに来るのであれば見てみると参考になるかもしれません

もみあげの毛がうっすーい上に、デコも生まれた時から広く(6.5センチ)髪の毛もネコ並にやらかく細いので抜群に面長を強調しやがります

ヘアスタイルのもち

ある程度、ながさにゆとりを持たせることができる上に、カールも付けたいところなので崩れにくい部類ではあります

まあ、髪質は無視していうてますが。

 

あまり伸びてしまうとヘアスタイルが縦長になるんで、その前に切って丈を詰めたいところですね

まあ2ヶ月に一回切ればいいのではないでしょうか

まとめ

以上です。まとめましょう

・悩み
角ばって見える
キツク見えがち
顔でるのに抵抗がある

 

・対処法
上とエラの少しうえにボリュームをだす
丸さと動きをつける
顔周りには段を入れたいが入れる位置、幅は絶妙さが求められる
前髪ドーンおろすのはアカン
四角いヘアスタイル、重すぎヘアスタイル、重い前髪はアカン

 

・注意点
ヘアスタイルの作成に技術力と判断力がいる事が多い
本人の努力と潔さも必要
(僕は自分の髪型めんどいしうっとしくて仕方ないですが我慢してます)
前髪自分で切るとエライことになる
ストレート気味のヘアスタイルは輪郭以外のパーツ次第で似合うかどうかが決まる
(動きのある髪型のほうが似合うかどうかの難易度は落ちる、ただしカットはむずいw)

 

・スタイリング
髪質しだいだが面倒でもちが悪い(動きはもたないものなので)
コテは必須

 

まあ詳しいことは担当する美容師が考えてくれるでしょう(笑)

参考程度にしてください。

 

くれぐれもこれが全てと思わないでくださいよ

おでんにはハンペンいれるほうがええやろ。みたいな事言うてるだけですからね(苦笑)

カットの最近記事

  1. 髪型が変!失敗した!人に教えてあげたいショッキングな事実

  2. 美容師に「トップがふんわりしたい」と言うとムッシュかまやつヘアーになります

  3. 短くするのならボブがオススメ。その理由とは?

  4. ボブにしたい人必見!切る前に確認しておきたい「ボブに向かない髪質」

  5. ショートにしたら「オッサンなってるやん」問題

関連記事

おすすめ記事

Facebook

PAGE TOP