哲学系美容師がおくる「美しい髪」を手に入れるためのWEBメディア

  1. カット
  2. 14 view

カットの失敗はあなたの座り方のせいだった!?美容室での正しい座り方

こんにちは。哲学系美容師として活動している長藤慶太です(@Bangdoll_click

兵庫県尼崎市塚口駅エリアでBang-dollという、世界一丁寧だけど身もふたもない美容室やってます。

 

実はですね、カットが変になる人の共通点を見つけてしまったのですよ

髪質とかどーしようもないことではなくて、1秒で対処できることです

しかも「美容師が」ではなく、「あなたが」対処できることです。

 

これを気をつければ、カットの仕上がりが30~70%は良くなります

しかも美容師ではなくあなたが対処できることですから、こんなに良いことはありませんよね。

 

知りたいですか?知りたい方はこのまま読み進めてくださいね

そして今回の話に当てはまる方、自覚のある方は大いに反省してください(笑)

反省というぐらいですからちょっと説教じみた内容になります

でもホントに重要なことなのですよ。

 

マジでこれは意識してほしい、仕上がりが全然違うから。

変な頭、ハネる頭になりたくなければぜひともに

では前振りはこれぐらいにして本題にいきましょう。

 

カットが変になる人の共通点

それは切られてる時の姿勢と頭の向きがおかしい人です

くだらねー事と思いますか?これ、すげえ大事ですからね。

 

うちにカットの修正で来る人多いんですが、その中のほとんどの人は姿勢が悪いです

姿勢悪くて、すげー切りにくいんですよまじで。ヒドい人は切ってる最中に真横向いたりするし。まじか。

そんなんじゃ、ちゃんとカットしてもらえないのは当たり前です。

 

あとこれは僕の考え&やり方なのですが、カットというものはミリ単位勝負です

しかし、人間がミリ単位の調節なんて狙ってできるもんでもないんですよね。

 

そこで頭蓋骨を使います。髪の毛を頭蓋骨に乗っけて切るんですよ

ややこしい話なんで簡単に書きますが、髪の毛は頭蓋骨に乗せて切ると、ミリ単位で切ることや切り口の微細なコントロールが可能になります

ミリ単位で自動的に頭蓋骨にフィットするわけですよ。頭蓋骨に乗せて切るから当たり前なんですが。

 

しかし姿勢とか頭の位置がおかしいと綺麗にのせれないんですね

僕が切ってる人は「あ、そういえば」とわかると思うんですが、僕はホントにカット中、頭を動かしまくります。

 

下向いてー
首横に倒してー
アゴあげないでー
背中を背もたれについてー
下ー
下ー
上ー
顔上げてー
背もたれに背中つけてって
下ー
もっと下ー

といって何回も何回も動かすわけです。これは全部頭蓋骨に髪の毛乗っけるためです。

 

頭蓋骨に髪の毛乗っけずに切るとどうなるか?

ハネる
長さが狂う
頭と髪の馴染みがなんか悪い
えり足がガタガタになる
なんかやりにくい

などが起こります。

 

僕はどこに働きにいっても美容師、一般人関係なくカットうまいと言われますが、それは頭蓋骨に髪の毛を乗っけることにめちゃくちゃ神経質だからです

もっとわかりやすく言うと「カット中の客の姿勢と頭の位置にクソほどうるさい」からです。

 

カットがヘタクソな奴は大体が頭蓋骨をカットに使っていません

それを教えればいきなりうまくなる奴も多いです

これほど簡単で効果のあることなんです。

 

なのでぜひとも、みなさんは姿勢よく座っていただきたい

それだけで綺麗に切ってもらえるかもしれないわけですからね。

 

電話で「ハネるのはなぜか?」とか「すきバサミが~とか」クソどーでもいいくだらない質問するぐらいなら、黙って姿勢を正して欲しい所です

そんなどうでもいい質問に答えるより1000000000倍効果ありますんで。

 

で「具体的にどんな姿勢やねん?」と、なりますよね

えらそうに説教たれたんでそのへんもしっかり説明しますよ。

 

こーいう場合は比較すると分かりやすいんで、NG例と良い例の2つをご紹介します

ぜひ参考にしてください。

 

変な頭になるカット中の姿勢 NG例

・アゴが上がってる

僕が思うに一番やってはいけない姿勢

顎が上がってると後頭部の毛が頭蓋骨から離れてしまいます。

 

その状態で切ると丸みの強い、後頭部からえり足部分の毛が全部ガッタガタになります

後頭部にはつむじもあり、毛流れも複雑なので頭蓋骨から離れるとカオスな状態になり、何切ってるのかワカランチンな事になります。

 

あと前下りなど切ってる場合、顎が上がってるぶん、前下りじゃなくなります

ぶさーいくなボブの修正で結構多い、やられてもうてるでパターンです。

 

その場合、前が短くなってることが多いので直りません

ちなみにロングでこれやると下の毛がスカスカ&グッチャグチャになります

ボブより悲惨修正3回コースです。2ヶ月に一回のカットペースなら完治に半年

 

・背中が背もたれについていない

ロングでこれやると長さがメタクソになります。ガッタガタでございます

ロングの方は特に意識して下さい。

 

背中と背もたれの間に髪の毛が落ち込んでめちゃ切りにくいのです

髪の毛反り返った状態で切ったらそらハネます。

 

ロング以外の場合は頭が遠くなり、ハサミの入り方が上から入ってしまいます

カットは斜め下から潜り込むように体を入れて切るのが大事ですので、上から切るとそりゃもうハネます

理想のカット中の姿勢↓

 

こんぐらい下に入り込んでカットしたいのですが、こんなんセクハラなんで出来るだけ背中を背もたれにつけて下さい

ちなみに背中が背もたれから離れるのは、僕が最もキライな姿勢です。

 

・イスの座り方が浅い

これも上と似たような姿勢なのですが、やはり頭の距離が遠くなってしまいます

ケツは深く、どっかりとイスに腰掛けて下さい

美容室でお上品にすわっとる場合やありませんぜ。

 

・猫背

これもやはり頭の距離が離れてしまいます

背もたれに背中をつければ背筋伸びますので背中全体をつけて下さい。

 

・なぜか横を向く

論外です、言うまでもありません

カットしてる時は鏡みません。前提として前を向いてる前提でカットします。

 

なのに横向かれちゃ軸がずれるので、カツラいがんだみたいな髪型になりますよ

左右の長さが違う人はだいたい横向いてます。

 

窓の外見たり、鏡横のPOP見たりする方が多いですが目だけで見てください

一番怖いのがいきなり横むく人です

顔にはさみ刺さりますよ、まじで。刺さってもしらねーから(苦笑)

事故に繋がるのでやめてください。

 

虫歯の治療中に舌で医者の指ペロンペロンするのと何ら変わりませんからね

舌にドリルで穴あけられても文句言えませんよこれ。

 

美しいカットになる美しい座り方

・背中は背もたれに全体をピッタリつける

こうすることで頭の距離が近づき、下から切りやすくなります

 

・アゴを引き、12.5~22.7度ほどやや下を向く

頭蓋骨に髪の毛をのせる為にはやや下を向く必要があります

髪質や頭の形次第で42.5度~67.5度になることもありますが、12.5~22.7度はオールマイティーな角度です

とりあえずそんぐらい下向ておけば、切りにくいってことはありません。

 

ちなみにカット上手い美容師は頭の位置調整うまいし、超絶に神経質です

頭の位置にこだわらない上手い人なんか、1人も見たことありません。

 

・背筋は伸ばす

これも頭の距離の為に大事なことです。

 

・体は動かしても良いが、頭は回転させない

張り詰めて座ってなければいけないと思うかもしれませんが、そんなことはありません

姿勢がカットの都合に悪くなければいいだけです

体は別に動かしてもらってかまいません。

 

しかし頭は回転させてはいけません、5度回転すれば長さが3センチは狂います。

 

以上です、どうでしょう?

ちょっと意外かもしれませんし、面倒かもしれませんが意識してみてください

ウチに来た場合は僕が勝手に調整しますんで、言われたとおりにしてもらうだけでかまいません。

 

ただ姿勢が悪い人は1分以内に姿勢が崩れてくるので、なれるまでは意識が必要です

僕はガンジーより優しいと思いますが、カット中の姿勢に関してはなにがなんでも譲れません。

 

僕が気に入らない姿勢であれば、何度でも突っ込ませてもらいます

姿勢が悪いってのは「美容師として譲れないランキング」3位以内に入ってます。

 

カット中にリラックスしてる場合じゃねえんだよ!と叫びたいぐらい

それ程にカット中の姿勢は重要なんですよ

姿勢悪い人だとカット終わるまでに20回は言います。

 

2度までは口で言うだけですが、3度になると頭を掴んで動かすという実力行使です

一度目は優しく注意します

 

二度目も優しく注意します

 

3度目

みなさんも炎のシュレンみたいになりたくなければ、美容室での姿勢を意識してください

カットの最近記事

  1. 髪型が変!失敗した!人に教えてあげたいショッキングな事実

  2. 美容師に「トップがふんわりしたい」と言うとムッシュかまやつヘアーになります

  3. 短くするのならボブがオススメ。その理由とは?

  4. ボブにしたい人必見!切る前に確認しておきたい「ボブに向かない髪質」

  5. ショートにしたら「オッサンなってるやん」問題

関連記事

おすすめ記事

Facebook

PAGE TOP