哲学系美容師がおくる「美しい髪」を手に入れるためのWEBメディア

  1. その他
  2. 189 view

「美容室でおまかせ」は失敗される地雷キーワードです

こんにちは。哲学系美容師として活動している長藤慶太です(@Bangdoll_click

兵庫県尼崎市塚口駅エリアでBang-dollという、世界一丁寧だけど身もふたもない美容室やってます。

 

「お任せって言われたら困るんですか?」美容師やってたら一度は質問される事です

実はウチはお任せお断りです。困るっていうレベルを超えています

だってさわりようがないから。

 

あ、ココでいう「おまかせ」っていうのは「丸投げという意味のおまかせ」ですよ

僕の経験上、お任せ(丸投げ)っていうお客さんほど「もうちょっと切って欲しい」とか「私、こうじゃなきゃ嫌なの」とか言います

どこがおまかせやねんって話です。

 

しかしこれはね、そりゃそうなんですよ。悪いことではなく当たり前なのです

お任せっていわれてそのままやったら文句でるんですよ(笑)

ちなみにうちにくる修正依頼も「おまかせ」が原因のものも結構あります

なんでなのか?こーいうことです

「今日の晩飯なにがいい~?」
「なんでもいいよ~(丸投げ)」
「じゃあカレーね」
「えー!?カレー!?」

これです。

 

日々、子供に餌を用意するお母様方なら、この時の気持ちがよく分かるでしょう

「なんでもええいうたやんけ!!」となりますね。

 

もうちょっとオーバーにしてみましょう

料理店に行き、席に座りこう言うとしましょう

「私が美味しいと思うものを出してちょうだい!(丸投げ)」

・・・うん、無理だろ常識的に考えて。つか、こんなん「うわー変な人キター」って感じでしょ(苦笑)

 

嫌いなもの、好きなもの、アレルギー
今、暑いのか寒いのか?
昼は何を食べたのか?
これから人に会う予定はあるのか?
予算は?

など、前提として欲しい条件というのはいくらでもあります。

 

同じカレーでも人によっては評価が変わりますが、それは前提条件によって変わるのです

前提条件のない「なんでもいい」というものはありえないのですよ。

 

「おまかせ」というのは「なんでもいい」というわけではなく「似合えばいい」ということなわけですが・・・似合うなんて主観ですよ(苦笑)

抽象概念なので、おまかせでやると間違いなく失敗しますよそりゃあ。

 

丸投げではない「おまかせ」とはどーいうものか?

「耳は出ないぐらいで男っぽくないショートにしたいです、でもよく分かんないのであとは任せます」

うん、これですよ。わかるわかる、後の細かいことは任せればいいと思う。

 

「ボブで短くしたいです、重たい感じより動きがある感じがいいです。でもよく分かんないので後は任せます」

なるほど十分です。YOU、任せちゃえばいいじゃない

 

「似合う髪型がわからないんです。何が似合いますか?」

これは準丸投げですね

俺もわからん・・・似合うって主観だし。てゆうかやってみて実際に見ないと判断できないでしょ

「おいしいカレーがわからないんです、どんなカレーが美味しいですか?」って聞かれても「色んなカレー食ってみろ」としか言えません。

 

「お任せします」

うん、完全に丸投げ。帰ってくれ

初対面の異性に「結婚してください」レベル、どーしていいかわからない。

 

よっぽど髪質や頭の形がいいなら別ですが、日本人は髪や頭に制約が多いのでヘアスタイルとして見れるレベルはそう多くありません

僕が見ている限りおまかせで丸投げしてしまうと、あんまり変化がないか髪質無視されるかのどっちかです。

 

おまかせ(丸投げという意味での)という言葉ほど、美容室で言ってはいけない言葉はありません

しかも初めて行く店でいう人がなぜか多いという(苦笑)

間違いなく失敗されますよ、上手くいったとすれば、運か髪質が良かっただけです。

 

「おまかせ(丸投げの)」で心よく引き受けてくれる美容師は(付き合いが長い場合を除いて)

「技術レベルが超一流、さらに口先は神レベル」か「アホ」のどっちかです。

 

うちはどっちでもないので「おまかせという丸投げ」はお断りなのです

とりあえず~こんな感じで。あとはよーわからんからまかせる

そんな意味の「おまかせ」ならなんの問題ありませんが。

つか普通はそーなると思う

その他の最近記事

  1. 1月の定休日

  2. 上手い美容室なんか探しても無意味!丁寧な美容室を探せ!

  3. 12月の定休日

  4. うんこが食えるようになる調理法

  5. 真の美しさを手に入れるための手引書「勘違いシリーズ」発足

関連記事

PAGE TOP