哲学系美容師がおくる「美しい髪」を手に入れるためのWEBメディア

  1. カラー
  2. 7 view

「髪色が会社の決まりで7トーンまで」は無意味がない!?その理由とは

こんにちは。哲学系美容師として活動している長藤慶太です(@Bangdoll_click

兵庫県尼崎市塚口駅エリアでBang-dollという、世界一丁寧だけど身もふたもない美容室やってます。

 

「会社の決まりで明るさは7レベルまでなんです」

これ、よくいわれるんですね。なので今日はこの話です。

 

「就業規定で明るさは7レベルまで、だから7レベルにしてください」ってことなのですが、僕はこれに関して一言いいたい

いや、一言どころではない。

 

こういった会社の場合、だいたいこーいうのが用意されてるようです

images

 

これの7以上はダメよ。ということですね

日本人の地毛は個人差ありますがだいたい4~6ぐらいと言われています

平均すると5.5ぐらいの人が多い印象ですね。

 

まあ4~6は黒なわけですよ。では7はどうか?

いや、黒だよ。

 

さっきの画像の上の右から四番目が7なのですが、となりの6と違い分かりますか?

僕はさっぱりわかりません。

 

て、ゆうことはですよ

明るさは7までって事はですね、カラーするなということなわけです(苦笑)

 

実際、僕もカラーする時にわざわざ7レベルなんて狙いません。7にするならカラーしなくていいから(苦笑)

染めても日が経てば色抜けて明るくなりますしね。

 

そもそもね

「7レベルはどれですか?」って聞かれても、当てる自信一切ないです(笑)

毎日カラーしてる僕ですらそうなのに、素人が7レベルって明るさを理解できるのでしょうか?

いやー分かるわけないじゃん。

 

もっといえば7レベルっていっても、色んな7レベルがあります

赤の7
青の7
黄色の7

など・・・

青と黄色の7だったら、黄色のほうが理論上は明るく見えますよ。

 

会社の上司はこれも理解しているのでしょうか?

いや、してるからそんな規則あるんですよね?

わざわざ色見本まで用意してるんだから。

 

サラリーマンすげーーーーーー!!!!!!!

美容師になって10年以上の僕が分からないことを他の仕事しながら、さらに髪の毛は一切触らない仕事してんのに、7レベルという色を理解しているようです

いやーすごい!さすが火の元の国、日本の企業戦士ですなぁ

おみそれいたしました。

 

という事実なんぞあるわけもなく、こんなもん日本でよくある、得に理由のない非常に気持ち悪い「なんとなくの思考停止くそぼけあほルール(空気を読むってやつ)」でしょ?

要はあんまり明るすぎなければいいということで、いちいち7レベルとか言うなって感じです(苦笑)

 

というわけで7レベルにしてください。といわれても僕よくわかんないです

だってあなたの上司の基準の7レベルなんて、その人知らない僕はわかんないでしょう。

 

普通の明るさにしとけばいいんじゃないでしょうか?

まあ機嫌悪かったら注意されるんでしょうけど(苦笑)

 

日本のこーいう所、嫌いですねー

ノリでルール作るならはじめから作るなって感じですわ。

 

嫌いなんで僕に「会社の決まりで7レベルにしてください」って言われてもまじめに取り合いませんよ(笑)

知らない人の7レベルの基準なんて知らねーしわからねー

そんなしょーもない会社、辞めたほうがよろしい

カラーの最近記事

  1. カラーした日は絶対に洗え!シャンプーと色持ちは一切関係ない理由とは?

  2. 「髪色が会社の決まりで7トーンまで」は無意味がない!?その理由とは

  3. ヘアカラーは痛む?その常識、まちがってます

  4. カラーに安全もオーガニックも存在しない理由とは?【ツチノコ探すのはやめろ】

  5. 似合う髪色を探す時のパーソナルカラー診断はこう使え!

関連記事

おすすめ記事

Facebook

PAGE TOP