哲学系美容師がおくる「美しい髪」を手に入れるためのWEBメディア

  1. 施術例
  2. 197 view

可愛い髪型は髪質90%技術10%【身も蓋もない暴露話】

こんにちは。哲学系美容師として活動している長藤慶太です(@Bangdoll_click

兵庫県尼崎市塚口駅エリアでBang-dollという、世界一丁寧だけど身もふたもない美容室やってます。

 

僕はテレビは一切みないのですが、そのかわりネットをかなりするんですね

おそらく普通の人の一生分はすでにしているかと思います

学生のときは1日10時間ぐらいはしてました、今思えば、ちょっと引きますね。

 

典型的なインドア野郎です。普通の人からすれば間違いなくオタクに分類されるでしょう

今はスマホもあるので外でもできますから余計に拍車がかかってます

常にネットを見てますね。パソコンとスマホがなくなったら発狂します。

 

で、本題なのですが「ちょっとこれはブログに書いておいたほうがいいなあ・・・」と思うようなものを見てしまいました

今日はかなり重要な事を書きます。

 

まとめサイトをみているとこんなタイトルを目にしました

「2ブロックにした結果wwwww」

 

2ブロックって何?って話なのですが、髪型のことです

仕事柄、やはりつい反応してしまうフレーズ。

 

4

↑2ブロックとはこんな髪型。僕は嫌いですが、男がよくやってる髪型です

「おや?珍しい、ネットでこんなタイトルのものを見るとは・・・」

こんな心境ですよ。で、みてみるわけです。

 

するといきなり画像がボンと出てきました

ちなみにこの画像、すでに色んなところでたびたび見かけます

でてきた画像はこんなん↓

3fff177a-s

「2ブロックにした結果wwww」です。

 

確かに2ブロックではありますが、完全にキノコ

もちろん本人的もびっくりしていたようです。絶望の様子がありありと見て取れました。

 

で、ここで今日伝えたいヘアスタイルは「髪質9割 技術1割」というのにつながるわけです

さっきの画像の2ブロックですが、おかしくなった原因は簡単。

 

カットに原因はなく、髪質が原因です。

 

これと↓

4

 

これ↓

3fff177a-s

髪型的にはだいたい同じような感じなんですよ

でも全然違って見えるわけです。

 

実はヘアスタイルっていうのは残念ながら髪質で9割決まります

技術なんて1割ぐらいです。

 

まあ、この1割が重要なのですがやはり仕上がりを大きく左右するほどではありません

重要なのは前にも書きましたが、やはり判断力ですね

特にショートは骨格、耳とアゴの位置、首付け根から頭のてっぺんの距離などの素材で仕上がりがかなり変わってしまいます。

 

雑誌によくあるショートの髪型は丸いシルエットなんですが日本人の場合、同じように切ると縦長くなってしまうことがほとんどです

素人目で見るとまったく別の髪型に見えてしまいます。

 

僕は切ってくれ!といわれれば遠慮なく切るタイプですが、事前にかなり説明します

それでもいいならどうぞ。というスタンス

切ってみないと分からないので事前にどうなるかは予測でしかありません

でもまあ、経験上7割は予想通りになります。

 

うちに修正で来る人って「髪型変えてとんでもないことになった」というパターン多いです

今回の写真を見るとあきらかですが、無理なもんはやっぱり無理なんですよ(笑)

 

と、いうわけでうちは無理なものは無理と簡単にいいますし言い続けます

無理なものを「できます!」っていってもらいたい人は、うちには来ないほうがいいです

施術例の最近記事

  1. ボリュームがでない、軟毛、猫毛の典型的な失敗パターン10選

  2. 【イケてる度合100%増し】剛毛、くせ毛、チリチリはこだわりを捨ててショートにしろ!

  3. ショート、ボブで襟足が浮く、モコつく原因はこれ!ムダ毛を根こそぎ切り落としてシャープな襟足…

  4. 雑誌やモデルの髪型は見るな!ヘアカタログが参考にならない理由とは?

  5. 髪型が変!失敗した!人に教えてあげたいショッキングな事実

関連記事

PAGE TOP