哲学系美容師がおくる「美しい髪」を手に入れるためのWEBメディア

  1. カット
  2. 5 view

多い、硬い、直毛すぎ!ショートに向かない髪質【カットの実例】

こんにちは。哲学系美容師として活動している長藤慶太です(@Bangdoll_click

兵庫県尼崎市塚口駅エリアでBang-dollという、世界一丁寧だけど身もふたもない美容室やってます。

 

すでにうちに来てる方はよくご存知だと思うのですが、僕はかなりネガティブな事を言います

「こうしたいんですが」といわれれば、多くの美容師は「分かりました」と答えるでしょう。

 

ですが僕は、こういう事をよく言います

「それ、こうなっちゃうと思いますよ。いいですか?」
「ハネると思いますけどー、まあセットすればいけるんじゃないですかねー」
「すんません無理なものは無理です」
「やってみないと分かりません」

 

書いてみて思うのですが、なんて希望のない美容室なのでしょう(苦笑)

なぜこんなネガティブなのか?

事実だからです。

 

ならないものはならないし、予想したことは伝えるべきなのです

出来るかどうかわからないことを「出来る」なんていえません。

 

うちの店に来る方って、ほとんど失敗された方や本当のことをいってほしい方ばかりです

「1週間前にカットしたらこんなんなりました。できるっていわれたのに」などのこういった声もあるのです。

 

世の中の美容師はウソをついている。ということではありません

「難しい髪質でもいい感じにできる」それができれば何よりだと思います。しかし現実は不可能です

なぜなら物理的に無理なものは無理だからです。

 

なので、予想できることは伝えるのです。人間はいい部分よりも欠点に目がいきます

デメリットを伝えたほうがお客さんのためになると思っています

うちは現実主義な美容室なのです

と、ここまで前置きです。

 

そんなわけで僕のいうことは結構適当なわけです

経験と勘でしか判断できないのですから、そりゃもういい加減なわけです

出来ないといっても出来たりなんてあったりするわけです。

 

予想は所詮予想ですから最終的にどうなるかなんて、やってみないとわかんないですからね

 

P1020504_R

僕がブログでも口すっぱくいってるショートに向かない髪質です

硬くて多い、そして直毛ぎみ

 

P1020740_R

P1020739_R

でも切ってみるといけちゃうんですよね

この方は何回もカットしてるので、もうどこまでいけるかはつかんでます

なので今回はここまでカットしたんですね。

 

でも初めて来店したときだったらここまで切るってなったら「いや、ちょっとえらいことなるんちゃいますか」って言ってたと思います

(切る前の写真は初来店のときで、スフィンクスのようになってました)

僕のいうことなんて当てにならないでしょう。無理だと思ってた長さができちゃうんですから。

 

何がいいたいかというと結局、最後は踏み出す勇気がいるというわけです

「こうしたらどうなりますか?」とよく聞かれますし、それにたいして答えはしますが、結局はやらないとわかんないですよ。

 

僕が「これはないなー」とおもってもお客さんからしたら「よかった」なんてことあるわけです

もちろん逆もあるのですが。

(過去その経験を大量にしたからこそネガティブな事は伝えたほうがいいと思うわけです)

 

最後は個人の価値観ですべて決まるんです

僕のいうことなんてあくまで理論、予想です。それが個人の価値観にあうかどうかはまた別の話なわけで。

 

現実にして体験してみないと分からないこともあります

僕は「こうなると思うよ」とはいいますが基本的に「やりません」とはいいません。

 

「いつも切らないほうがいい」と言われて止められる方も、切りたいのなら切ります

言うことを聞かない、言うとおりにしない

そんなイメージが僕にはあるかもしれませんが、基本的に僕が選択権を持つことはないです。

 

すべてはお客さんの意思しだいで、その意思決定の材料をお伝えするのみです

もし、どうすればいいか決断できない時は現状維持がオススメです

リスクはありませんからね。

 

いい加減とか適当って言葉は悪いですが、ヘアスタイルを作るうえでは大事な事ではないかと思います

みなさん髪の毛の事を複雑に考えすぎです

髪型なんて7種類しかありませんし、髪質も色々ありませんので。

 

やってみれば自分がどう思うのかわかりますよ

カットの最近記事

  1. 髪型が変!失敗した!人に教えてあげたいショッキングな事実

  2. 美容師に「トップがふんわりしたい」と言うとムッシュかまやつヘアーになります

  3. 短くするのならボブがオススメ。その理由とは?

  4. ボブにしたい人必見!切る前に確認しておきたい「ボブに向かない髪質」

  5. ショートにしたら「オッサンなってるやん」問題

関連記事

おすすめ記事

Facebook

PAGE TOP