哲学系美容師がおくる「美しい髪」を手に入れるためのWEBメディア

  1. カット
  2. 19 view

短くするのならボブがオススメ。その理由とは?

こんにちは。哲学系美容師として活動している長藤慶太です(@Bangdoll_click

兵庫県尼崎市塚口駅エリアでBang-dollという、世界一丁寧だけど身もふたもない美容室やってます。

 

この前、お客さんに「ブログみたらボブが多いんですが好きなんですか?」と聞かれましたが別にそんなことはありません

ショートとかロングとかも普通にやりますよ。

 

別に好きでもないし、流行ってるわけでもございません

ボブなんか昔からのド定番ヘアスタイルですしね。

 

でも実際、割合としてはボブの人は多いです

なぜうちの店はボブの女性が多いのか?せっかくなので理由を書いてみましょう。

 

極端に言えばヘアスタイルは長いか短いかの2択しかないです

短くする場合にボブをすすめる事が多いのですがその理由として、2つ問題があります。

 

まず1つめ

短くなればなんでもいいとはいきませんよね

やりにくかったり
似合わなかったり
理由はないけどなんかイヤ!

こうなってはいけません。

 

で2つめです

ショートは髪質、頭の形の影響をモロに受ける

ということです。

 

ロングよりごまかしがききませんし、

癖があればモロにでたり
生えクセで思いっきりハネる

といったことが起こりやすいんですね。

 

乾かすのは早いんですがスタイリングもショートのほうが実は手間がかかります

こういった問題があるのですが、やはり短くしたい場合があるわけです。

 

そこでボブなんですね、ボブは2つの問題の影響を受けにくいんですよ

下は短いですが、上の長さは結構長めになるのとラインがシンプルなので、髪質の影響が少ないのです。

 

やりにくかったり
似合わなかったり
理由はないけどなんかイヤ!

こういったことは、一気に短くなることで起こります。

 

上の長さがある程度残っていれば、こういったことも起きにくいわけですね

癖があればモロにでたり、生えクセで思いっきりハネる

これらもある程度、下の長さは切るわけですから長さを切る事で逆にクセが出なくなることもあります。

 

肩少し下の長さではハネてたけど、ボブにしたらハネなくなった

結構よくあるケースです。

 

ボブは女性に受け入れられやすい、ショートスタイルと言えるでしょう

と、いうわけで当店では短くしたい場合はボブにすることが多いんですね。

 

ちなみにボブは上手い下手が結構出るヘアスタイルです

下手くそが切るとジャイアントロボになりますし、髪質を見れないとひこにゃんみたいになります。

 

ボブにできない髪質の人も多いので切る場合は要注意です

ちなみにボブに出来ない人はショートにも出来ないことが多いので、髪質をちゃんと見れる美容師にやってもらってくださいね

カットの最近記事

  1. 髪型が変!失敗した!人に教えてあげたいショッキングな事実

  2. 美容師に「トップがふんわりしたい」と言うとムッシュかまやつヘアーになります

  3. 短くするのならボブがオススメ。その理由とは?

  4. ボブにしたい人必見!切る前に確認しておきたい「ボブに向かない髪質」

  5. ショートにしたら「オッサンなってるやん」問題

関連記事

おすすめ記事

Facebook

PAGE TOP