哲学系美容師がおくる「美しい髪」を手に入れるためのWEBメディア

  1. その他
  2. 476 view

美容室で失敗される人の共通点は髪質ではなく「性格が原因」

こんにちは。哲学系美容師として活動している長藤慶太です(@Bangdoll_click

兵庫県尼崎市塚口駅エリアでBang-dollという、世界一丁寧だけど身もふたもない美容室やってます。

 

今日はズバリ「いつも変な頭にされる人の共通点について」書いていきたいと思います

要は美容室選びがヘタクソな人の共通点ですね

あくまで主観+遊び心で書くので本気にしないでください(笑)

 

・変な頭にされる人の特徴とは?

・心がキレイ、すれていない
・SよりMである
・人の話を聞かない
・安い店に行く
・リサーチが適当
・髪の毛はどうにかなるものと思っている
・細かい
・運が悪い

個人的見解ですがこういった性格があるように思います

それぞれ見ていきましょう。

 

心がキレイ、すれていない

まずピュアで他人からすると癒される人なのですが、ビジネスにおいては圧倒的にカモにしやすい人たちです

チラシやネットに書くことなんてちょっとオーバーに書くものです(もちろん、すべてというわけではありませんが基本はそうです)

 

「矯正してもパーマ当てれますよー」という美容師の発言を鵜呑みにし、えらいことになってウチにご来店となるわけですね。

 

疑いすぎるもの駄目ですかそのまま受け取るのも時には危険です

最近はネットで情報も集めれますがネットも嘘ばかりなので要注意です

 

SよりMである

下品な例えですが非常に僕の中ではしっくりくるものです

一般論なのですがSの人って自分の考えを持ってるものなんですね

そしてスレている。

 

Mの人っていうのはやさしくてNOとはいえないタイプが多いです

なので見たり聞いたり、オススメされると「あ、そうなのかも・・・」となるのですね

これって納得してるのではなく流されてるだけです。

 

冷静になると「失敗だったな・・・」となるわけですね

この「納得」というのが人間の満足度を満たすためには重要でして、極端な話、仕上がりが変でも本人が納得してればOKになるのです

かわいくても本人の中で納得いっていないと「イマイチ」なんです。

 

Mの人は自分の意見がいえない

なので消化不良感が残り納得できなくて不満が残るわけです

不満=変ですからね

 

人の話を聞かない

人の話がきけないということはどういうことか?

それは意思疎通が出来ないということです。

 

意思疎通が出来なければ納得することはないわけです

わかりますよね?話し通じてないんだから納得なんて出来るわけがないのです。

 

この原因っていうのは、

話し手聞き手の価値観の差が違いすぎる
店のコンセプトにあっていない(吉野家でホテル並みのサービスを求めるようなもの)

などでしょうか。

 

この場合、なにもしないで帰るのが正解です

僕も過去数回、なにもしないでお帰りいただいたことがあります。

 

その方々は僕にとっては宇宙でしたが、あるいは僕が宇宙だったのかもしれませんね

 

安い店に行く

安い店はコストを下げる必要があります

んで、コスト=材料と思う方が大半でしょうが違います。

 

美容室の材料代なんて知れてますし、どのメーカーも値段たいして変わりません

安い美容室が最も削減してるのは時間です

コスト=時間ですのでさっさと終わらすわけですね。

 

もちろん、腕の差でかかる時間は変わりますが、1時間が10分になったりはありえないわけです

安い店でしっかりしてもらえるというのはあまりない話です。

 

リサーチが適当

最近はネットで美容室を探すのが一般的ですね。ここで最低限チェックしたいのがブログです

ちゃんと更新しているか?
仕上がりの写真は自分好みか?
人間的に合いそうか?
都合のいい髪質のモデル、写真ばかり使っていないか?
自分ができないようなセットをしていないか?

などしっかり見ましょう。

 

ブログやHPがない店は基本的に避けたほうがいいと思います

 

細かい

細かい人は、気にしても無意味な部分まで気にします

「右と左の長さがちがうのが気になるんです」といってまったく違う所つまんでる方などもいます

そりゃ違うでしょうと。

そもそもひっぱって同じ長さにする必要もないですし、クセや頭の形などでなりません。

 

トップがふんわりしない
右がはねるけど何もしたくない

という方も細かいに分類されます。そもそもそんな状態は無理な事なんですね。

 

気になるのは分かるのですが、人間の頭は生もので彫刻と同じようにはいきません

気にしてもムダなことを気にするのが失敗への一歩です

 

髪の毛はどうにかなるものと思っている

髪型というものは9割が髪質で決まります。残り1割はスタイリングです

なので髪質的に無理な髪型に絶対したい場合、永遠に満足することはないと思います

髪質的に無理な髪型は基本的に変になりますし、そもそも全く違う髪型にしか見えません

 

運が悪い

これはどうしようもないですね(笑)ですが人生に運はつき物です

いくらリサーチしても運が悪ければ100%変になります

この場合はあきらめましょう。人生そんなもんです

 

以上、いかがでしたか?

当てはまると思う方は気をつけてみてください

その他の最近記事

  1. 手っとり早く身につける「美髪の教養」

  2. 1月の定休日

  3. 上手い美容室なんか探しても無意味!丁寧な美容室を探せ!

  4. 12月の定休日

  5. うんこが食えるようになる調理法

関連記事

PAGE TOP