誰もが知らないカットの「隠れた真実」

この記事は2分で読めます

カットというものは

「髪を良くすることは出来ないけど汚くすることはできる」

というなんとも報われない技術です

もっとわかりやすく言うと

「ヘタクソはどこまでもヘタクソに見せれるけど上手く魅せるのには限界がある」

そんな技術です。

「カットが上手い」ってあんまり意味ないんじゃね?
ってのが僕の持論

「ヘタクソでなければよい」という感じです

だっていくら上手くなっても
綺麗に魅せるのは限界があるわけですから。

報われね~やる気失せる~

ただ、「ヘタクソでなければよい」といいますが
普通レベルに持って行くと自然と「上手いレベル」までいってしまうようです

うーんやはり上手くないとダメなのか・・・w

カットが上手くても意味ないという実例

ま、だいたいこの理屈は反対されるんですよねw
そんなわけねーだろって。

こんな時は見てもらったほうが早いわけです

P1020659_R

ボブが希望だったけどボブにならなかったという方

カットがズタズタなので暴れまくり
「カットはヘタだと汚くなる」の典型例です

髪質は硬い、多い、クセなし、頭の形良し、毛穴の向きはまずまず
といった感じ

普通に切ればある程度見栄え良く見せれる髪質です

 

P1020661_R

希望はボブですがとりあえずズタズタで長さたりないから
ショートにしてごまかす

 

P1020702_R_R

P1020703_R_R

2ヶ月後切り直しでボブに変更
髪型は全く同じ「ボブ」ですが暴れ具合が全く違いますね

ここで勘違いするのが「上手いから暴れない」
と思う人がほとんどだということです

違う!

こんなもん普通に切ればこうなるw
こうならなければヘタクソなだけです

上手く切ってもこの程度が限界でしょう
僕より上手い人が切ればもうちょいよく見えるかもしれませんがまあ素人目でみたら一緒かなと

髪型変えればまた見え方も変わりますが、
それだと髪型変わってるから話違ってくるわけで。

カットなんて「一定基準を満たしていれば誰が切っても同じ」です
同じ髪型であればですが

みなさん、カットにこだわりすぎです
カットなんか大したこと出来ませんからw

悩みの解消なんて絶対に無理です

カットで悩み解消した場合は「カットが上手いから悩みが解消した」のではなく、
「髪型が変わったから解消した」のです

それはカットが上手いのではなく「髪型の選定が上手い」ということです
髪質にあった髪型の提案ができるということですね

カットが上手いとはまったくなんの関係もありまへん

カットで膨らみをなんとかしたいとか、うねりを活かしたい
とか無理ですからね

髪型変えれば話は変わりますが、
髪型変えずにカットだけでそんなもん解決するはずもありません

なぜなら物理法則を無視しているからです

コレができれば物理法則がひっくり返りますよ
アインシュタインも生き返るレベル

カットはあくまで「土台作り」です
過度な期待はしてはいけません

しかし、土台作りなので適当でいいわけはないです
そこは勘違いなさらぬ様

 




℡ 06-6421-5406

ご新規様に限り、初回に使えるクーポンをご用意しています
ぜひご活用ください



ご来店いただいた方の口コミも集めています
ご協力お願いします

口コミにご協力いただいた場合、
アマゾンギフト券1000円が当たります



 にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
  • 2016 09.04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

ブログ書いてるおっさん

1s
古今東西のカットを学び、すべての技術を徹底的&物理的に理解した結果、世界一夢のない美容師になりました

「無理なもんは無理」となんのためらいもなく言います。

そのせいか他店で失敗した変な頭を直してほしいというお客さんや、本当の意味での接客を望むお客さんに絶大な支持を得ています。要は変な頭になりたくない人専用美容室です。

「物理、哲学、感情バイアス」をベースとした独自のコミュニケーション理論を持ち、 知識、説得力、応用力は超一流。腕は1.5流

学者的アプローチで堅実なヘアスタイルを提供してます

予約はコチラから↓



口コミランキング1位とりました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー