縮毛矯正でチリチリになる髪質その1

この記事は2分で読めます

矯正でよくある失敗がチリチリになったこと

髪の毛が縮れてしまい、下の毛との判断がつかないような状態です
これはもうどうしようもありません

治る事は絶対にありませんので伸ばして切るしかないです
当たり前ですがめっちゃ時間かかるわけです

なので事前対処が重要ですが、その1つとしてはやはり知識です

こうなりやすい髪質のパターンを今日は1つ紹介しますので
自分が当てはまるかよく考えてみて下さい。

 

どういった髪質かといいますと

白髪染めしている方と、髪がやらかい方

このタイプの髪質は結構チリチリ状態で
うちに来る人が多いです

よくよく考えると、
剛毛の人はあんまりこういう失敗されないのです

見た記憶があまりありません。

 

白髪染めしている方と、髪がやらかい人って髪の耐久力があまり高くありません
矯正の薬に耐えられないんですね

その上、頭が引っ張られるぐらいの力でアイロンされて
結果チリチリかカッパのようなペッタンコ
あげく、ハネる

こんな感じの状態が多いです

髪質によっては矯正って難しいのであんまり安易に美容室選んでしないほうがいいですよ

正直これは僕の考えなのですが、矯正は安易に手を出すもんじゃないです
これは店側にもいえる事ですね

矯正なんて今どこでもやってますが、それがちょっとおかしい
どこでもやれるほど簡単なモンじゃないんですよ

難しいなら無理にすることはないでしょうに・・・と

縮毛矯正は核爆弾

それに矯正ってやらずにすむならしない方がいいです
矯正はクセは伸びますがもちろんデメリットもあります

・一度当てると取れないので髪型を変えれない
・短くすると超変な髪型になる
・4ヶ月に一度しなければいけない(特に梅雨時期しかしないのは最悪のやり方です)
・ロング以外の髪型は基本的に禁止
・毛穴が原因のハネはさらにハネるようになる

こんなデメリットがあるんですが知らない人が多いです

それに矯正いらないのにやってる人も多いですね
うちは何人かの方に辞めてもらってますし。

 

矯正するなら店選びはしっかりしたほうがいですよホント

 

 

P1020554_R

 

今日の髪質でいう、白髪染めしてて髪がやらかい方

この方は矯正してませんが
ここまでのクセならやはり矯正した方がいいでしょう

矯正はこんなクセの場合にするものです

矯正しようか悩んでる人はだいたいしなくていいことがほとんどです

1つの目安として「素人でもやらないとどうしようもないのがわかる」
レベルなら矯正した方がいいと思います

 

P1020555_R

今回は全体的にあてましたが矯正は基本伸びてきた根本だけでいいです
次は4ヶ月後、伸びた4センチぐらいをあてればよいわけですね

安易に矯正をあてる美容師もお客さんも多いですが
当てる前によく考えましょう

 




℡ 06-6421-5406

ご新規様に限り、初回に使えるクーポンをご用意しています
ぜひご活用ください



ご来店いただいた方の口コミも集めています
ご協力お願いします



 にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
  • 2018 06.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

ブログ書いてるおっさん

1s
古今東西のカットを学び、すべての技術を徹底的&物理的に理解した結果、世界一夢のない美容師になりました

「無理なもんは無理」となんのためらいもなく言います。

そのせいか他店で失敗した変な頭を直してほしいというお客さんや、本当の意味での接客を望むお客さんに絶大な支持を得ています。要は変な頭になりたくない人専用美容室です。

「物理、哲学、感情バイアス」をベースとした独自のコミュニケーション理論を持ち、 知識、説得力、応用力は超一流。腕は1.5流

学者的アプローチで堅実なヘアスタイルを提供してます

予約はコチラから↓



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー