ショートにむいてない髪質のパターン

この記事は2分で読めます

髪型と切っても切れない関係が「素材」です

「素材」ってなんやねん?といいますと

頭蓋骨
毛穴の向き
顔のバランス
首と耳
毛の生えてる面積とそのバランス
髪の形状(クセや太さなど)
その人の性格と定義と思い込み

なのですがめんどくさいので
ひとマトメにいうと「素材」=「髪質」です。

髪型なんて長さではなくてこの素材で決まってくるので
素材にあった髪型にする必要があるわけですね

こーいった事は素人でも感覚的にわかりますので
「短くしたいんですが、髪質的にどうでしょうか?」

などと質問してくるわけです。

んで、まー多いのがやはりショートにするときです
髪質的にどうなんだ?と

まあやってみないとわかりませんが、
基本的に「こりゃダメだ」みたいな髪質は当然あります

やめといたほうが無難だよ~んみたいな。

今日はそのパターンの1つを紹介しましょう

もし、ショートにしたいが今回のパターンに当てはまる方は
参考にしてください

あといつもいってますけど、結局はやってみないとわからないんで
そこは了承してくださいね

意外とイケたりもしますし、
思ったよりもアカンかったりもしますので。

ショートに向いてない髪質の1パターン

P1020561_R

画像ではわかんないのですが、ショートに向いてません

髪質は

細い (ボリュームが出ない)
多い (コレのみなら問題は無いケースだがコシとハリがある場合はかなり邪魔になる)
コシとハリがある (曲がらないのでセットが無意味、自然さがでない)
首上の骨が凹んでるので耳から下の部分がえぐれてハネる (バランスが崩れる)

といった感じ。

不自然な感じになりやすいですし
短くしてしまうので巻いたりなどのセットも自分では出来ないと思います

ウチに修正依頼にくる人はこの手の髪質でのショートカットが多いですね
ということは一般的にも難しいということでしょう

僕個人もお薦めはいたしませんし、
ショートにする場合はノークレームの了承をいただかないとしません

P1020563_R

まあちょっとでも巻いたら問題ないのですが

しかし自分でやるのは無理じゃないかなと
ドライヤー程度じゃ地毛の直毛感消えないし。

この手の髪質は短くなればなるほど不自然になります
パーマも当たんないんで正直ショートは厳しいですね

もう一度いいますが、
この髪質の場合はショート薦めません

やる場合はそれなりの覚悟をもってどうぞ
あと失敗されやすいのでそのへんもご注意を

切りにくいし、日が暮れるようなカットしないと馴染みまへん

(まあ、なにやってもこの手の髪質はなじまないので
ショート向いてないわけですが・・・)




℡ 06-6421-5406

ご新規様に限り、初回に使えるクーポンをご用意しています
ぜひご活用ください



ご来店いただいた方の口コミも集めています
ご協力お願いします

口コミにご協力いただいた場合、
アマゾンギフト券1000円が当たります



 にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
  • 2016 06.19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

ブログ書いてるおっさん

1s
古今東西のカットを学び、すべての技術を徹底的&物理的に理解した結果、世界一夢のない美容師になりました

「無理なもんは無理」となんのためらいもなく言います。

そのせいか他店で失敗した変な頭を直してほしいというお客さんや、本当の意味での接客を望むお客さんに絶大な支持を得ています。要は変な頭になりたくない人専用美容室です。

「物理、哲学、感情バイアス」をベースとした独自のコミュニケーション理論を持ち、 知識、説得力、応用力は超一流。腕は1.5流

学者的アプローチで堅実なヘアスタイルを提供してます

予約はコチラから↓



口コミランキング1位とりました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー