偏見満載のフレンチカットグラン総まとめ

この記事は4分で読めます

昔、うちではフレンチカットグランてゆうカットもやっていたのですが

その名残で未だに「どうなんですか?」などの質問や
「やってほしい」という問い合わせをもらいます

なので総まとめとして書いておきますので参考にしてください

ちなみに僕はもうやってません
普通に切るのと何ら変わりないと思ってるので。

フレンチカットグランとは何なのか?

なんかテレビとかにも出てるようで一般の方の認知度も上がってきた感がありますが
フレンチカットグランが一体なんなのか?

というのは全くわかりませんよね

まずそこから行きましょう

ざっと重要な部分を書き出すとこんな感じです

・専用のハサミで切る
・量を減らすのが目的のカット
・デメリットとメリット
・基本的に追加料金あり

 

専用のハサミで切る

フレンチカットグランは「GR4」というすきバサミで量を減らすカットです

これが通常のカットと違う点は「根本」からすく
というところです

根本からというのはマジで根本からです
ハサミを地肌につくところから毛先まで均等に入れていきます

普通のすきバサミでこんなことするとアホ毛出まくるので
できません

フレンチカットグラン用のすきバサミは刃が細かいので
アホ毛が出にくいようになってます(出にくいだけで出ないわけではない)

量を減らすのが目的のカット

フレンチカットグランの目的は「すく」ことのみです
なので実際はカットというより「すき方」って感じです

それ専用のハサミを使って根本から量をごっそり落としてしまおう
という考えのカット(すき方)ですね


デメリットとメリット

で、専用のハサミで根本からすくとどうなるのか?
ここが一番気になるところでしょう

フレンチカットグラン公式サイトなどではこんなメリットをあげています

・量がなくなるのでまとまりがでる
・もちがよい
・パーマや矯正のもちが良くなる
・量が多すぎて四角い頭が綺麗になる

ただ僕個人としてはこのメリットには疑問があります
デメリットの部分が語られていないし、短絡的すぎるんですよね

A=B理論なわけですよ

世の中に「Aならば必ずBな結果になる」
こんなことはありません

人体なら尚更です

1つずつ説明しましょう
一緒にデメリットも説明できますしね

・量がなくなるのでまとまりがでる

量がなくなるとまとまらないケースも多いです
髪型というのは過剰にすきすぎるとまとまりません

フレンチカットグランのすき方は個人的に過剰だと感じます
少なめに入れればよいのでは?

と思うかもしれませんが、それなら普通にすけばいいだけです
なにもフレンチカットグランをする必要がありません

そして気になるのが「均等にすいていく」ということです
人間の頭というのは均等な形ではありません

なので均等にカットすることには違和感があります
左右の長さもおなじになることはありません

見た感じ同じにする必要はありますが長さを定規で図って同じにする必要はないのです
てかそれすると左右の長さ揃って見えません

あと丸みつけたりへこませたり、ギザギザ、ふんわりなどの質感もすきで行いますが
均等にすいたらこんなん出来ません

フレンチカットグランではフレキシブルなすき方は出来ません
フレキシブルなすき方にするとフレンチカットグランを使う意味が一切なくなるからです

・もちがよい

「量ともち」はイコールではありません
やたらめったら量を減らしても別に持ちは良くならないのです

適切なカットがしてあれば持ちは良くなります
それ以上の持ちの良さはカットに関係ありません

その人の髪質で決まります

フレンチカットグランは普通のカットと比べて
もちがいいということはありません

適切なカットはすべてもちがいいです
繰り返しますがあとは髪質です

・パーマや矯正のもちが良くなる

これも上記と同じですね

パーマや矯正のもちは「パーマの質とカットの質と髪質」
できまります

フレンチカットグランをすれば
パーマの持ちが良くなることはありません

・量が多すぎて四角い頭が綺麗になる

これも疑問です

適切なカットであれば可能です
それでも無理な場合は髪質的に不可能ということです

普通のカットでできない事が
フレンチカットグランでできるということはありません

フレンチカットグランはただのすき方なので
すき方変えただけで何かが劇的に変わることは物理学上ありえません

そもそも「すき方」に種類なんかないです

適切な答えは1つしかありません
それが物理学というものです

このようにフレンチカットグランでないと上記のメリットがえられない
ということはないのです

元に僕はもうやってないわけですから

ではフレンチカットグランのメリットとは何なのでしょうか?
なぜこんなにも噂があるのでしょうか?

僕が思うメリット、いいらしいという噂の理由はコレです

・細かくすく=丁寧である

フレンチカットグランは非常に時間がかかります
丁寧なすき方なんですね

言わなくてもわかると思いますが
丁寧な仕事はハイクオリティになるのは当たり前です

なのでフレンチカットグランがすごいのではなくて
丁寧なカットがすごいということです

丁寧なカットであれば別にフレンチカットグランでなくていいということです

しかし「丁寧なカット」とは難しいものです

何を持って丁寧とするのか?
どう切れば丁寧なのか?
そもそも丁寧なカットとはどういったものなのか?

これらを定義できるまで
カットを突き詰める美容師は稀でしょう

何事も狂ったようにのめり込む人間は少ないものです

個人的にフレンチカットグランが良いと思う所は
丁寧なカットを定義し、体系化したところでしょうか

その点ではなかなかの革命であると思います
誰でもそれなりの結果を出せる可能性を上げるセオリーを提示したわけですから。

僕とは全くやり方、考え方の違うカットですが
1つの形としてはありなのかと思います

あ、ここで勘違いしてほしくないのですが
フレンチカットグランやってる美容師はみんなカットが丁寧とか思わないでくださいね

道具なんかしょせん道具です
使いこなせていないなら無意味ですから

実際、フレンチカットグランの修正も多いです
フレンチカットグランやりたいならちゃんとやってるとこでやりましょう

使いこなしてる美容師にやってもらわないと
アホ毛でまくりスッカスカになりますよ

なんせハサミを地肌ベタ付けですいていくんですからね
個人的にはコレが一番イヤです

お客さんでも嫌がる人多いですしね
だって部分的にボーズ状態ですよw


基本的に追加料金あり

最後にフレンチカットグランは追加料金があるとこが多いです

通常のカットに+1000円とかですね
まあ時間かかるし専用のハサミ買う必要があるので当然でしょう

ここで追加料金とらないとただのボランティアですからねw

ちなみにウチはフレンチカットグランはしませんので追加料金とかはありません
フレンチカットグランが必要ないというレベルで4860円は安すぎると自分でも思います

個人的に30000円ぐらいが妥当かなと

なので電話でやってもいないフレンチカットグランの事聞かれても
「一回頭切りに来ればいいのに」って感じです

来ればわかりますし、新車のベンツが50万で売ってるわけですから
とりあえず買えばいいのにとw

気に入らなくても新車のベンツ50万なら十分ですよね
2度と買わなきゃいいだけの話です

聞きたければその時に質問答えますし、
ぶっちゃけ髪の毛見ないで質問に答えても意味ないんですよね

髪質なんて10人いたら全部違うし
その上、判断基準は人それぞれです

AさんはよくてもBさんはダメとかあるわけですよ

僕ら美容師って、人の性格や考え方も見ますからね
その辺も含めて回答しないとなんの意味もないからです

フレンチカットグランに関しての個人的な見解とまとめは以上です

自分でメリット・デメリット考えて
やってみたい方はやってみてください

繰り返しますが僕はいらないとおもってるのでやってません

やりたかったらグーグルで検索してみてくださいね
昔よりやってる店もふえてると思いますので

 




℡ 06-6421-5406

ご新規様に限り、初回に使えるクーポンをご用意しています
ぜひご活用ください



ご来店いただいた方の口コミも集めています
ご協力お願いします

口コミにご協力いただいた場合、
アマゾンギフト券1000円が当たります



 にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
  • 2016 05.08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

ブログ書いてるおっさん

1s
古今東西のカットを学び、すべての技術を徹底的&物理的に理解した結果、世界一夢のない美容師になりました

「無理なもんは無理」となんのためらいもなく言います。

そのせいか他店で失敗した変な頭を直してほしいというお客さんや、本当の意味での接客を望むお客さんに絶大な支持を得ています。要は変な頭になりたくない人専用美容室です。

「物理、哲学、感情バイアス」をベースとした独自のコミュニケーション理論を持ち、 知識、説得力、応用力は超一流。腕は1.5流

学者的アプローチで堅実なヘアスタイルを提供してます

予約はコチラから↓



口コミランキング1位とりました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー