【髪型について その2】前髪の種類の話

この記事は2分で読めます

今日は前髪の種類の話です
前回は「シルエットの種類」でしたね

髪型というものは

「全体の長さ⇒前髪⇒スタイリングでの形づけ」

で完成するわけですが、

全体の長さの話の前に
髪型の1パーツである前髪について書いていこうと思います
実は髪型と言うものは「全体の長さ」より「前髪の長さ」変えたほうが変化してみえます
それぐらい前髪の印象とは強いんですね

まあ顔の正面は一番よく見える部分なので
当たり前ですがw

なわけで

「前髪をどうすればいいかわからない」

そんな質問も多数もらいますので
この記事を見てもらえればある程度選びやすくなるかと思います

今回の記事は単純に種類のみの話で終わって、次回で細かいことを書きます
(顔の形したいしてどうなのかとか髪質とか)

そうしないとヒジョーに長くなってしまいますし・・・

前髪はどこが前髪なのか

まず前髪の種類の前に
「前髪とはどの部分なのか?」を理解しましょう

でないと話が通じませんからね
P1020630_R

P1020631_R
人形でそれで説明しますと

まずここ↓

20141114114610fe5

ここが前髪ですね
まあ当たり前w

で、実はここも前髪です↓

20141114114612644
以外とみんな知りませんが重要な部分

まとめるとこの部分が前髪になるわけです↓

201411141146131fe

目の上に落ちてくる髪とほっぺたに当たる髪=前髪なわけです

もちろん、メインとなる部分は目の上に落ちる髪ですが
ほっぺたの部分も割りと印象を操作します

ラーメンで言うとチャーシューみたいな感じですかねw
メインじゃないけどなかったらチャーシューじゃないでしょ

で、メインとなる目の上に落ちる髪

ここをどうするか?
がまず始めに悩むポイントになるわけです

ここが決まればほっぺたの部分も
ある程度きまってきますのでね

この目の上の部分の前髪
その種類を話そうと思います

ざっくり分けると3つのパターンとなります

前髪は3パターンある

・目の上
・目の下~口ぐらいの長さで流す
・アゴあたり

上か一番短くて下に行くほど長くなります
簡単ですよね?

目の上↓

94x_bor

ukn_bor

上は重め、下は軽めで流してますが
ここではややこしいので単純に長さだけで考えてください

長さが同じぐらいなら印象はそんなに変わりません

この画像の印象が違うのは
顔が違うからです

目の下~鼻辺りで流す↓

pmv_bor

c36_bor
アゴぐらい↓

kni_bor

イメージできましたかね?

この3つです
これ以外はありません

顔の形とのかねあいは次の記事で書きますので
種類だけ覚えてくださいね
前髪は目の上に落ちるメインパーツと
ほっぺたに落ちるサブパーツでできている

目の上のパーツで印象が決まり、
ほっぺたの毛はオマケ

目の上のパーツの長さのパターンは3つ

目の上、目の下~鼻あたりで流す、あご

の3つ

ということです

あとはこんな風に↓

mv7_bor
触覚つけてみたりとか

x5a_bor

あるいは触覚なしで
広めにしてみたりとかするわけですよ

この触覚の部分がほっぺたの髪の毛なわけです

もちろん目の上のパーツが長くなればなるほど
このほっぺたのパーツはなくなっていきます

前髪をどうするか?
悩んだときはまず長さを決めましょう。ということですね

色んな前髪があってどれがいいのか分からない

とよく言われますが実際はたった3つです

色々あるように見えるのは
顔が違うからですw

実際は色々ないのですよ

コレと同じで髪型も色々ないのです
髪質と顔が違うから違って見えるだけ

さらに言えば写真もプロがこだわって何十枚もとり、
その中からベストショットを選ぶからそりゃデザイン性も優れとるわけです

そんなものをこの世の人間に当てはめようとするほうが
間違いというものですw

 




℡ 06-6421-5406

ご新規様に限り、初回に使えるクーポンをご用意しています
ぜひご活用ください



ご来店いただいた方の口コミも集めています
ご協力お願いします

口コミにご協力いただいた場合、
アマゾンギフト券1000円が当たります



 にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
  • 2016 01.23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

ブログ書いてるおっさん

1s
古今東西のカットを学び、すべての技術を徹底的&物理的に理解した結果、世界一夢のない美容師になりました

「無理なもんは無理」となんのためらいもなく言います。

そのせいか他店で失敗した変な頭を直してほしいというお客さんや、本当の意味での接客を望むお客さんに絶大な支持を得ています。要は変な頭になりたくない人専用美容室です。

「物理、哲学、感情バイアス」をベースとした独自のコミュニケーション理論を持ち、 知識、説得力、応用力は超一流。腕は1.5流

学者的アプローチで堅実なヘアスタイルを提供してます

予約はコチラから↓



口コミランキング1位とりました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー