前髪にありがちな悩みと対処法一覧

この記事は6分で読めます

悩み相談でもっとも多いのが前髪です。

もう何と言おうが「前髪」というほど悩みの定番と言えるわけですがもう聞かれるのがめんどくさいのですべての前髪に関する悩みとその対処法を書いておきます

前髪に悩みもがき苦しんでいる人々達は
ぜひともお読みください。

ちなみに1つ言っておきますが

「悩みの解決」というものは決して
「自分が気に入る形」で解決できるものではない

という事を重々承知の上で読んで下さいね

僕がいつも言うことですが「無理なことは潔く諦めろ、無駄だから」
というのはお忘れなきよう

読めばわかりますが
前髪の悩みなんて基本、対処不可能ですw

だいたいは諦めるしかありません

しかし、前髪におこる問題とその対処法を知っているのと知らないのでは
当然ですが知っている方が良いに決まっているわけでして

「知っているからこそ潔く諦め、次のステップにいける」

わけですよ。

無駄なことにしがみつくほど無駄な事はありません

さあ、今日もたっぷり絶望してから
前に進める知力と勇気を身につけましょう

このヨハネ・クラウザー様がこんなブログを読みに来るドM共に
今日もムチを振るってくれるわ

imgaee1f9ebzikezj

今日の絶望フルコース(前髪問題編)

  • デコ狭い問題
  • うく問題
  • 薄い問題
  • 揃いまくり問題
  • 動きゼロ問題
  • ふやせない問題
  • 毛流れの問題
  • 触覚問題
  • すぐ伸びる問題
  • クセで曲がる問題

多分、こんなもんでしょう

忘れてるものもあるかもですが抽象化すればこれらで十分すぎるっつーか
読むのもめんどくさくなるほどに細かいと思います

オードブルからヴィヤンドゥというより、全部ヴィヤンドゥでデセールなしという重厚さですが
「美」知的マッチョを目指す我々はこんなものでメゲてはいけません

タンパク質を取らなければ筋肉はつかないのです
ポワソンやグラニテなんぞでは「美」知的マッチョにはなりません

日本人はとにかく素人を免罪符にして甘やかされているのでやり過ぎぐらいでいいのです
美は一日にしてならず相応の努力が必要ということを知る事こそ第一歩です

ナメてんじゃねえ

とはいえ、ものすげー長くなる予感がするので
自分に該当する所を先に読んでも良いかもしれません

しかしみなさん自分の髪の状況を一切理解してないので全部読んだほうがいいです

クセ一切ないのに「自分はクセ毛だと思いこんで」縮毛矯正する人とかいるのでw
こんなん一番最悪ですよね。ただの思いこみで真実から遠ざかるなんて・・・

あ、言い忘れてましたがこの10の問題

1人1つというわけではなく、2つとか3つとかこじらせてる事がほとんどなので
該当するとこは全部読んで下さいね

デコ狭い問題

当たり前ですが前髪はデコの生え際から生えております

なのでデコの生え際からどう毛が生えているのか?
というのが重要です

デコが狭いと前髪にどんな影響があるのか?

  • すっげー詰まった感じの寸詰まり前髪になる
  • 目の上で切ると超浮く
  • 目の上で切ると奥行きがなくなる

このような感じになります

要は立体感がなくのぺ~とした感じ+重い感じになり、
極めつけに前髪がやったら短く見えます

追い打ちでおまけに浮くという・・・

こういった人は前髪作るのすすめません
毛が硬いとジ・エンドで前髪作ることすらできません

毛がやらかいなら作れますが奥行きがないので変な感じになります
作ったところでチンチクリン前髪でダサいです

デコ狭い問題の対処法

  • 前髪作らない
  • 作ったとしても長めで流す
  • あきらめる

これしかありません

どうしても目の上で作りたいなら重苦しい前髪になったり浮くのは仕方ないとあきらめましょう
どないもなりませんのでそんなもんですw

デコ狭い場合はデコだした方が髪型的にもよく見えることがほとんどです
出し方は髪型とか顔によりますが。

うく問題

この手のタイプは髪質で浮くタイプと生え方で浮くタイプがいます
前髪の問題は髪質と生え方がすべての原因なのです

細かく分けると10個になるというだけで本来は2つと言って良いのです
個人的にはどーしようもない最強の問題だと思います

前髪がうくとどんな影響があるのか?

  • 前髪にならない
  • 眉毛でる
  • 間抜けな感じになる
  • そもそも、前髪がういてokな髪型などないのでどうしても変に見える

こうなります

うく場合の対処法

  • そもそも前髪を作らない
  • 長めにする
  • 作る場合は長めで流す
  • スタイリングで押しつぶす(すぐ元に戻りますが)
  • あきらめる

残念ですがうくものをどうにか出来る物理学は
現代では発見されておりませんのでうくものを抑えるのは無理です

うくものをうかなくする方法なんぞ、
僕が教えてほしいぐらいです

パーマ当てたらどうか?とか言う人いますけど
そんなもんでどないかできるわけありまへんw

パーマは根本にあたりませんからね?
浮くのは毛根の問題なので根本にあたんないパーマなんかしても1ナノも意味ないですよ?

薄い問題

「薄い」といいましても別に禿げてる人ということではありません

生え際の髪の毛というのは元々薄いものでして髪質次第では薄く見えたりしますし
生え際の皮膚や頭蓋骨の形次第では物理的に薄くなってしまう事があります

問題点としましては

  • 前髪が作れない
  • 薄っぺらい前髪でスダレみたいになる
  • ふやしてもふやしてもふえない
  • 長めにしても薄い
  • 流しても薄い

このような感じになります

薄い問題の対処法

  • どうしようもないのであきらめる
  • ストレートは余計に薄さを強調するのでカール感を出す(要は流す)

薄いという事は「ない」と同じ意味ですので
「ないもの」を「どうにか」するなんてもはや言語的にも論理的にもおかしいです

なので論理的に考えるとどうしようもないとしか言えません

この場合は前髪下ろそうが流そうが伸ばそうが
基本的に少なく見えるので対処法はありません

どれが似合うかとかは顔立ちの話になるのでここでは議論いたしません
関係ないので。

どうしても前髪を作っておろしたい場合は
スダレ前髪になることを受け入れましょう

揃いまくり問題

前髪を目の上で作ると毛先がパッツーンとそろってしまう
そんな状態です

カットがドヘタクソでもなりますが、
そんなものはただの論外なのでここでは除外します

カットが上手くても揃ってしまう、という場合の話です

ド直毛の髪質、やたら量が多い、デコ狭い
こんな場合は大体そろいます。あと矯正してるとなりますね

  • 動きがでない
  • 子供っぽい
  • 流せない
  • すくとスカスカに見えてしまいやすい
  • なんか不自然

このような感じになります

揃ってしまう問題の対処法

  • あきらめる
  • 長めにして流す
  • 前髪を作らない
  • 鬼神のごときスタイリング(僕でも無理ですので素人ができるとは思えません)

これしかありません

どうしても目の上で前髪作りたいなら
動きが出ない事や揃い気味になるのは受け入れましょう

顔立ち次第では別に気にならないこともありますが、
気になってる場合は諦めるしかありません

動きゼロ問題

これは基本的に上の揃いまくり問題とセットです

髪がおおい、ド直毛、デコ狭い場合は
これも併発することがほとんどです

なので対処法や問題点も似たようなものです

動きゼロ問題の対処法

  • あきらめる
  • 長めにして無理やり流す
  • 前髪を作らない
  • 髪が燃え尽きるようなモウレツなスタイリング

パーマとかする人いますけど個人的には無意味だと思います

曲がりにくいから動きがゼロなのであって
パーマごときで動くようになるはずがありません

パーマは基本的に髪が柔らかい人専用の技術です
毛が硬い、ド直毛の場合は一切当たりませんので対処法として使えません

ふやせない問題

コレが最も多い悩みかもしれません
前髪をふやしたいけどふえないパターン

この原因は単純で生え方の問題です

みなさん勘違しておりますが、「前髪に使える髪は生まれつき決まっています」
自分の好みで前髪ふやしたり減らしたりはできません

⇒この記事で詳しく書いてますので詳細はこちら

毛流れの問題

この問題もよくある悩みです

前髪がふやせないのもコレが原因ですが「変なとこでパッコーンと分かれる」
のもこれが原因です

毛根が原因ですので対処法はないです

セットしてなんとかごまかしましょう
風吹いたら終わりですけどw

触覚問題

これは前髪とは違うのですが皆さんは同じと思ってるようですので
ここで取り上げました

触覚はこの部分です↓

que-14152459104

くくった時にほっぺたあたりに落ちる部分です

なんか小顔効果とか言われてるので作りたいとか
くくった時に顔丸出しになるの嫌で作りたいとかよく言われます

で、この部分って結構複雑で切れば触覚できるわけではないんですよね

この部分はこめかみの毛で作るのですが
大抵の人はこめかみの毛に問題があります

薄いとかクセあるとか顔の骨の問題で触覚作る意味なくなってしまう場合など・・・

そんな場合に触覚なんぞ作ってしまうと余計に顔丸出しになったり
顔周りメチャクチャはねたりします

なので触覚作る場合は美容師の話をよく聞きましょう

あと、最後の最後で「触覚つくって」と言われることありますが
髪型次第では最初に言ってくれないと1から全部切りなおしになります

時間ありゃいいけど最後の最後なので基本的に時間ないわけですよw
無理やり切ってた所で汚いカットにしかなりませんし
(なので僕は「もう遅い無理」と言うようにしました)

基本的に後出しジャンケンはしてはいけません
失敗につながりますので

すぐ伸びる問題

前髪を目の上で下ろす様にすると言われるのですが

当たり前でしょw

これ、よく言われるんですが当たり前の話です
で、ここで「前髪すぐ伸びるので短めにしてください」

と言われますが前髪は1ミリで見た目が全く変わります

少しでも切りすぎれば変になりますので伸びるから短めとかありえません
変になってもいいなら構いませんがそうでないなら前髪はすぐ伸びるもので仕方ないと思ってください

邪魔なら流すとかしてよけといてくださいw

基本的にみなさん、前髪短くしたがりすぎです
でその通りにすると「切られすぎた」のコンボです

前髪を作る場合の推奨の長さはまつ毛に乗る長さです

眉と目の間が広い日本人はあんまり前髪切ると
間抜けな感じになります

まあ最後はその人のやりたいようにすればいいと思いますが
知識としてしっておいて損することはありません

クセで曲がる問題

説明するまでもありませんね
クセでウネウネしてしまってなんか色んな問題が発生する状況です

ここでよく言われるのが「カットでこのクセをなんとかしてくれ」ですが
残念ながらカットごときでクセがどうにかなることはありません

曲がってるものはどう切ろうが曲がります

曲がってるものがカットごときでまっすぐになるなら
「ラーメンを1センチ切ればソーメンのようになる」はずです

なりませんよね?ラーメンの先1センチ切ってもソーメンみたいにまっすぐなりませんよね?
なる言うてる人おったら頭イカれたオッサンやなあ思いますやんね?

言われるまで気づかない人多いですが物理的にありえません
カットごときでクセおさまったらこんなに人間クセ毛で悩んでませんってw

対処法は矯正で伸ばすかスタイリングで伸ばすか、
うねっても問題のない長さまで切ってしまうかです
(まあベリーショートしかないです)

矯正の場合はまっすぐ感が髪質次第ではでますし、スタイリングで伸ばしても
時間がたてばまたウネリだします

まあでもそんなものですよw
物理的にそーなんだから仕方ない

人様が腕振り回しても空飛ばれへんのと一緒です

おわりに

以上で前髪の問題と対処法で終わりになりますが
まあ基本的に「無理だからあきらめろ」という結論です

身もフタもねえ

でも無理なもんはまじで無理です

そこで無理やりパーマしたりとか矯正したりとか「とりあえず何とかするためになんかしますぜ兄貴ぃ」みたいな無駄なことをしないでほしいというのが僕の意見です

無理なのになんとかしようとしたって
変な事になるだけですからw

「わかりました!なんとか致します!こうすればどうでしょうか!?」

でなんとかなりゃ良いけどならないんだから
金もとられるしw

それでなんとかなれば、元々なんとかする方法があっただけで
無理でなかったというだけです

僕も無理でなければ方法わかりますからなんとかできますよそらw
でも無理なもんはマジで無理。

僕が常々いっている「美容師は技術でなく知力である」
というのはこういうことです

できるかできないか?なるかならないのか?
そのジャッジ力が全てです

重要なのは技術力ではありません

みなさんが「変なもの」に引っかからない事を
心からお祈り申し上げます

最初からちゃんとした店と人にやってもうてください
僕、治すの嫌ですよw




℡ 06-6421-5406

ご新規様に限り、初回に使えるクーポンをご用意しています
ぜひご活用ください



ご来店いただいた方の口コミも集めています
ご協力お願いします

口コミにご協力いただいた場合、
アマゾンギフト券1000円が当たります



 にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
  • 2016 12.04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

ブログ書いてるおっさん

1s
古今東西のカットを学び、すべての技術を徹底的&物理的に理解した結果、世界一夢のない美容師になりました

「無理なもんは無理」となんのためらいもなく言います。

そのせいか他店で失敗した変な頭を直してほしいというお客さんや、本当の意味での接客を望むお客さんに絶大な支持を得ています。要は変な頭になりたくない人専用美容室です。

「物理、哲学、感情バイアス」をベースとした独自のコミュニケーション理論を持ち、 知識、説得力、応用力は超一流。腕は1.5流

学者的アプローチで堅実なヘアスタイルを提供してます

予約はコチラから↓



口コミランキング1位とりました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最近の記事

  1. 2017.02.24

    3月の定休日

カテゴリー