「すくとハネる」これはウソです。

この記事は2分で読めます

美容師やってるとよく言われる言葉ランキングなどができあがりますが
全国の美容師があるあると頷くのがこれでしょう

「すくとハネますよね?」
「ハネるからすかないでほしいです」
「まとまりよくするためにすいていないんです」

わざわざ電話で聞いてくる方もいます

「すいたらハネるってよく聞くのですが・・・」

 

と、こんな言葉がしょっちゅう出るということは
一般の方はすくとハネると思っているわけです

 

今日はココを紐といていきます。

まずいきなりちゃぶ台返しさせていただきましょう

ハネるのとすくのはまったく関係ないです

いやいや、すいたらハネたし!

という声が聞こえそうですがそれはカットがあまりにヘタクソか、
あなたの髪質がハネるだけの話です。

 

そもそもなぜすくのか
みなさんは知ってますか?

ちょっと考えてみてください

・・

・・・

考えましたか?
おそらくこうではないでしょうか?

量を減らすため

これ大間違いなんですよ

本当はですね

いらない毛をとるためです

いらない毛 というのは「ハネる原因となる毛、膨らんで邪魔をする毛、スタイルを作るうえでいらない毛」

などです。

 

邪魔なわけですから、とらないとヘアスタイルになりません
スタイリングも当然できないですね

と、いうことはすかないで=邪魔な毛を残してください
ということです

もっと分かりやすく言うと、「途中でカット終わってください」っていってるのと同じです

途中でカット終わったら当たり前ですが
変な頭になりますよ

僕がスフィンクスヘアー
と呼んでいるヘアスタイルになるわけです

これがかわいいと思う人は僕はいないと思います

 

P1020707_R

P1020708_R

 

毛先にパツッと入った線やスタイリングのしにくさにお悩みでした

髪質も大いに関係ありますが、見るからに重いです
自然さもクソもありません

まるで髪の毛がうどんのようになっており
モッチャリ感が凄いです

 

すかなければ、重さでクセが出ないと考えがちです
確かに重さで広がりにくいかもしれません

が、広がりにくいだけですよねw

このようにのっぺりモッチャリとしたヘアスタイルになってしまい
もはやヘアスタイルとはいえません

 

P1020710_R
P1020709_R

前をすこしカットしてすきました
量を減らしたのではなく、いらない毛をとったんですよ

広がるというのは元々持っている髪質です
それをカットでどうこうなんて出来ないんですよ

ひどくすることは出来るが、カットで抑えることは不可能です

だったらちゃんといらない毛を取ってしまったほうが
楽だと僕は思います

もちろん、触ったときに多いのが好きなのなら
無理にすくことはありません

しかし髪型としてはイマイチにしかなりません

のっぺりモッチャリして動きは0
膨らみまくって乾かすのも大変

そんな感じになりますが髪の量が減るのが
どうしても嫌なら仕方ありませんからね

 




℡ 06-6421-5406

ご新規様に限り、初回に使えるクーポンをご用意しています
ぜひご活用ください



ご来店いただいた方の口コミも集めています
ご協力お願いします



 にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
  • 2018 11.02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

ブログ書いてるおっさん

1s
古今東西のカットを学び、すべての技術を徹底的&物理的に理解した結果、世界一夢のない美容師になりました

「無理なもんは無理」となんのためらいもなく言います。

そのせいか他店で失敗した変な頭を直してほしいというお客さんや、本当の意味での接客を望むお客さんに絶大な支持を得ています。要は変な頭になりたくない人専用美容室です。

「物理、哲学、感情バイアス」をベースとした独自のコミュニケーション理論を持ち、 知識、説得力、応用力は超一流。腕は1.5流

学者的アプローチで堅実なヘアスタイルを提供してます

予約はコチラから↓



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー